「“歯”の話をしよう」長期使用で分かった“フィリップス超音波電動ブラシ 「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」”と義歯を選んだ理由


スクリーンショット 2017 01 20 23 05 41

昔から歯磨きには気をつけてきた。しかし虫歯になる。これを繰り返し、大人になるまでには結構な数の虫歯を治療してきた。

そんな私がソニッケアーを選んだ理由と、それに至った経緯を淡々と書いていこうと思う。

10年ほど前に虫歯の治療で神経を殺すことになった。その神経のない歯は丁度1年前の今頃、スルメイカの固さに負けて半分に割れた。正確にはイカの固さではなく、それに紛れていた小石。

「神経がない歯は10年しか持たない」と聞いたことがあったが、まさにその10年を超えた辺りの出来事で、“10年”という値は経験に基づき書かれていた物なのかと関心をしてしまった事を懐かしみながらこれを書いている。

実はその歯が割れる数ヶ月前には兆しが出ていた。それが歯に関する事だとは全く分からなかった。もしかすると関連性はないのかもしれないが、その兆しというのがホクロなのである。歯が割れる数ヶ月前、耳から若干斜め上の頭皮にゴツゴツとしたホクロができてきた。それがなぜ歯と関係があるのか(もしれない)というと、抜歯して歯茎が元に戻るにつれて、そのホクロが小さくなり“もげた”からだ。これは偶然なのかそれとも必然なのか。
人の体は何かしらの異常をどうにかして表面化してしようとしてくれる事は、時に人を喜ばせたり、困惑させたり。多岐にわたる様々な表現は神秘にまで思う。

ブリッジを選ばず部分入れ歯を選んだ理由

抜歯をした後のことは とても悩んだ。実は歯科医まで変えた。いつもの行きつけの歯科医が「(この時点では割れているかヒビなのかは特定できず)私は最善の策を知らない。もしかしたら抜かずに済む方法があるかもしれないから別の歯医者探してみてもいいよ。」と言うものだから何の躊躇もなく別の歯科医に行ったのだ。

List img1画像 Via はまさき歯科医院

ブリッジと義歯で悩んでる方も多いと思う。一般的にはブリッジの方が儲かるため、歯科医はブリッジを進めようとする。あわよくばインプラント。
もちろん、症状や状態によってはインプラントやブリッジが好ましいこともあるので、一概に儲けを優先している歯医者ばかりだとは限らない。 

話は逸れるが、色々な海外サイトを調べていると、今 海外ではインプラントより矯正で抜歯した部分に左右の歯を寄せてきて穴を埋めることが一般的になりつつあるそうだ。

ブリッジとは、左右にある健康な歯を丸い棒状に削り、それを支えにして義歯の橋を被せるというもの。健康的な歯を削るのだ。
恐らく私も奥歯ならそれをお願いしたと思うが、今回は八重歯の横。この部分は、かみ癖や歯並びとも関係するが、噛んだときに真っ直ぐ力が加わらず外に力が逃げる傾向がある。
ブリッジをしてもらう際に不安だったことが、健康な歯を削り 万が一 “しみる” ことがあれば神経を殺さなければならないと言うこと。神経を殺した歯が10年しか持たないことを身を以て知っている上に、真っ直ぐ噛めない位置にある歯の神経を遮断してしまうともなれば、最悪の場合10年持たないのではないかと考えた。そんな恐ろしいことをしてまで健康な歯を殺してしまうことはないと思い、今回は義歯をお願いするつもりでいた。
ちなみに義歯にも色々な物があり、大きく分けて保険適応品と保険適応外品。前にも書いているが斜めに力が加わる部分でもあるので、今回は保険適応品を作ってもらおうことにした。保険が利く品ということは、大半の症例にも対応できる義歯ということ。つまりそれは無難。まずは無難な物を試し、噛み心地や装着感から別の物でも問題ないと判断できれば、保険適応外品の義歯を注文するつもりでいた。

新しく行った歯科医院は複数の医師が運営している大きめの病院で、インプラントを前面に押し出している。「たぶんブリッジを進められるんだろうな〜。」と思いつつ、先生に「(将来的に抜歯をするとすれば) 正味の話、どういう治療が良いと思いますか?」と話をしたところ、「私なら部分入れ歯にします。左右の歯が勿体ない。」というお話をしてくれたので、それ以来その歯科医院でお世話になるようになった。儲けのない客で恐縮している反面、正直に一番適切だと思われる施術を言ってくれる先生に私は安心している。

歯が割れたのは年末。丁度年末年始の連休に突入した日のことだった。そこから出血や痛みがありながらも「腫れてるだけだ」と、無理な言い訳をして断念するまでに1ヶ月。かかりつけの歯医者へ行ったのが1月後半くらいだっただろうか。そこでレントゲンを撮られ、割れているかヒビが入っているかが分からないと言われ、とりあえず何年も貯まった歯石の除去を徹底的にしてもらった。その後2週間くらいで今の掛かり付け医に行ったのだが、こちらでも割れているかどうかは分からず、「ヒビで二つになっている部分の小さい方を取り払い、大きい方を残す施術はできるが、もしそこで奥まで完全に割れていると抜歯は必然。」と言われたので様子を見ることになったのだが、そこでも歯石の除去をしてくれることになった。

そこで伝えられた内容に私は言葉を失った。「歯石がだいぶ多いです。」
歯が割れてるとか、ヒビが入っているという言葉よりも、数週間前に歯石を取ってもらった歯にビッシリと歯石がある事に驚いたのだ。
そこの歯科医院では歯科助手の綺麗なお姉さんが歯石の除去をしてくれるのだが、かなり手こずりつつも物凄い量の歯石を取ってくれた。2週間前に徹底的に取り除かれて、あるはずのない歯石。施術中、歯石がどんどん剥がれてきているようだった…。

20分の手磨きでも歯石が付着したのに、2分の超音波ブラッシングで「表面は綺麗に磨けてますね」

手磨きの時は15分から20分かけていた。それでようやく虫歯が発生しない状態ではあったが、プロケア (歯石除去)をしてもらった2週間後に「歯石が多いです。除去していきますね。」と言われたのには本当に驚いた。

今のまま いくら磨いても歯石が貯まっていく現状には変わりはない。でももう歯を失うのはゴメンだ。
“今生きている歯をできるだけ長持ちさせるため”に、最善の策を取ろうと決めた私が選んだのが、 フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーンなのである。

良いことだけ言っても誰のためにもならないので“本音でお話”する

ダイヤモンドクリーンは毎分約31,000回の超音波振動と、ブラシヘッドの幅広い振幅の組み合わせ「音波水流」を発生し、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの歯石を効果的に除去してくれる。という電動歯ブラシ。

スクリーンショット 2017 01 19 17 46 45

日本の歯科医使用率No.1ブランドで、「音波水流」で歯ブラシでは かき出せない歯石も落とす。のは間違いではないが、日本の歯科医師会推薦とは書かれていない。音波水流で一般的な歯ブラシでは かき出せない歯石になる前の歯垢は若干落とすことができる歯ブラシだということを理解した方がいい。

「おや?酷評か?」と思う方もいるかもしれないが、現実を書いている。広告に悪いことを書く会社はそうそうない。

“現状なんとかしたい!” と、お悩みの方が使うには、とてもいい歯ブラシだ。

ダイヤモンドクリーンを使い続けたい理由

これはあくまで私が6ヶ月以上、使用をした結果に基づいているので、個人差がある事は予めご了承いただきたい。もちろん正しく使用したつもりだ。

歯石除去力10倍は伊達ではなく、実際に20分弱の手磨きでは2週間後に“歯石が多い”と言われた私の歯でも、ソニッケアーで6ヶ月以上磨いた歯を診てもらうと「表面は綺麗に磨けています。」と言われるほどの実力。

お気づきの方もおられるとは思うが、“表面は”である。いくら音波水流でブラシの届きにくい歯間の歯垢を取ろうとしても それには限度がある。

では着色汚れはどうなのか。ばっちり付く。落ちることもない。というのが私の経験だ。口内に負担をかける「食事」「お茶」、それともコーヒー、喫煙。その負担をかける度にソニッケアーを使用し、適切なブラッシングをするというならば着色汚れも付着せず綺麗な状態を保てるのかもしれないが、着色汚れはどうしてもついてしまう。手磨きよりも軽減できるのかもしれないが、一般的な使用では付く物は付くし、落ちない物は(すべて)落ちない。
説明書には「お好みで歯磨き粉を…」との記載があるが、歯磨き粉無しでは俊足で付着していき、日に日に濃くなっていくのが分かる。

今までに付いた歯石や着色汚れの除去に関しては、上記のようなことから無理と結論づけた。

しかし、私が希望していた「今ある健康的な歯を守りたい。」という事に関して言えば、その威力を発揮してくれている。現状付着して幾層にもなった着色汚れや歯石がすべて落ちるわけではないが、歯石になる前の表面の歯垢や、なりたての歯石は綺麗に除去をしてくれ、歯茎も健康な状態に保ってくれる。今までいくら磨いても表面ですら歯石蓄積していく現状だったことを思うと、口内の健康状態は飛躍的に向上したのではないかと思う。

結論

超音波ブラシだけでは、口内を“完璧には”綺麗に保つことはできない。

何事にも割り切りが必要。良いところは変えず、それに不足している事は何かで補う。と言うのが私のスタイル。今現状で満足し、それに関してこれ以上の物がないなら、それに別の何かを付加すればいい。

そこで登場するのが、ライオンが販売しているシステマの超極細毛の歯ブラシとフロスである。

超極細毛の歯ブラシを使った切っ掛けは、歯茎に貯まる汚れ。歯間に汚れが貯まるなら歯茎付近にも汚れがたまるのではないかと考えてから使い始めたのだが、この考えが歯間にも通用した。超音波ブラシでは取り切ることができなかった歯垢をある程度掻き出してくれる。それでも歯間という部分は汚れが落ちきることがない部分で、2日に一度くらいのペースでフロスを使っている。

昼はシステマ超極細毛で歯間や歯茎と歯の隙間を磨き、夜はダイヤモンドクリーンで一日の汚れを落とす。ではフロスはいつ使うのか。ダイヤモンドクリーンで一日の汚れを落とす前だ。

私の偏見かもしれないが、日本食は歯垢が付きやすい。ご飯粒は言うまでもなく、冬になると多くなる鍋料理も。虫歯になるくらいだから「虫が好きな高カロリーな食べ物で虫歯になるんだろう。」という考えは間違っている。肉だろうが野菜だろうが、食品には変わりない。

普段から適切なブラッシングを心がけて、定期的な定期検診とプロケアをしてもらい、命を天に返すまで健康的な歯を残したいものだ。

Amazonでフィリップス ダイヤモンドクリーンを調べる

ライフスタイル
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
LINE@ではiPhoneの質問も受付中です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
[タカブロ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。