Beeper、AndroidスマホやWindowsで「iMessageの送受信が可能」


Beeper、AndroidスマホやWindowsで「iMessageの送受信が可能」

AppleのiMessageが、AndroidスマホやWindowsパソコンで使用可能となった。この偉業を達成したのは、複合型チャットアプリのBeeperである。

Beeperは、TwitterやSlack、Instagramなど、15種類のメッセージングサービスに対応したアプリとして登場し、iMessageの送受信にも対応したと伝えている。

iMessageとは、Appleのデバイス間で送受信が可能なメッセージで、iPhoneやiPad、Macなどを使用することで、LINEのようなメッセージの送受信が行えるものである。元祖LINEというべきだろうか。

このAppleのメッセージ機能は、残念ながらAppleのデバイスのみで使用が可能なものとしてリリースされており、これまでWindowsパソコンやAndroidスマホからは送受信を行うことができなかった。

Appleは、現在でもiMessageを使用するデバイスをAppleのデバイスに制限したままで、iMessageをApple以外の製品で使用するには、Beeperを使用するしか方法がない。

Beeperを利用してiMessageの送受信を行うには、Beeperが用意した2つの方法からユーザーが選択する必要がある。

1つ目の方法は、ネット環境に接続されたMacを通すことでBeeperがiMessageの送受信を可能にするというもの。2つ目の方法は、Beeperからジェイルブレイク(脱獄) されたiPhoneの提供を受ける方法である。

Beeperを使用するには、月々10ドルのサブスクリプション契約を行わなければならない。

Beeper - All Your Chats In One App
A single app to chat on iMessage, WhatsApp, and 13 other chat networks. You can search, snooze, or archive messages. And with a unified inbox, you’ll never miss...

Via: The Verge

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x