2021 次期iPad miniのCADファイル「フラットエッジで大きなiPhoneのよう」


2021 次期iPad miniのCADファイル「フラットエッジで大きなiPhoneのよう」

iPad miniといわれるイメージ画像が公開された。公開されたモデルは、2021年に登場、つまりAppleが未発表の次期型モデル。

このイメージを公開した人物は、リーカーのJon Prosser氏。

Prosser氏は、自身のWebサイトFront Page Techにてレタリング画像を公開し、次期型のiPad miniとして紹介した。

公開されたレタリング画像は、CADデータなどの設計図を元に作成されたもののようだ。

イメージからは、これまでよりスリムになったベゼルの存在を確認することが可能で、ぱっと見の印象は、iPhone 12シリーズのフラットデザインをサイズアップしたような印象を受ける。

洗練された見た目に搭載の仕様もiPhone 12シリーズに似ている可能性があり、処理装置にはiPhone 12シリーズと同様のA14チップが搭載される見込み。これからのスタンダードとして、Prosser氏は5Gネットワークに対応すると伝えている。

充電やデータ転送に用いる接続ポートにはUSB-Cが採用されて、スマートコネクタでキーボードの接続が可能になる見込み。

電源ボタンには、2020年モデルとして登場のiPad Airと同様に、指紋認証のTouch IDが搭載されるようだ。

カラーは、3色が用意されるそうで、ブラック、シルバー、ゴールドがラインナップされる可能性がある。

サイズに関しては、206.3mm×137.8mm×6.1mmとの情報もあるが、そこに収まるディスプレイのサイズに関しては不明。Bloombergによると、新型のiPad miniは、8.5インチから9インチになる可能性がある。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x