iPhone、miniモデルが2年で終了の可能性


iPhone、miniモデルが2年で終了の可能性

Appleは、2021年モデルのiPhoneを最後に、miniモデルの販売を終了する可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2022年のiPhoneラインナップは、ハイエンドのProモデルに6.1インチと6.7インチ、スタンダードモデルに6.1インチと6.7インチ、合計で4タイプの発売を計画している可能性を伝えた。

2020年のiPhone 12シリーズに取り入れられたサイズは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3種類で、ラインナップは合計で4タイプである。

2022年モデルの予測に出てきたサイズと2020年モデルのiPhone 12を比較すると、ハイエンドモデルについては同様のサイズで登場するが、スタンダードモデルは構成するサイズの見直しが図られて、5.4インチが消滅。代わりに6.7インチがスタンダードモデルに加わる。

Appleは、iPhone 12 miniの販売数に苦戦していると言われており、2021年モデルで様子を見た後に2022年には5.4インチのminiを廃止する方向で動いているのかもしれない。

なお、5.4インチのモデルについては、iPhone SEが代役を務める可能性があり、2022年モデルのiPhone SEからはホームボタンが消滅する可能性がある。

ベースモデルのiPhone 12シリーズとiPhone SEの大きな違いは、ディスプレイとカメラ、それにホームボタンの有無で差別化が図られている。

モックは2021年 iPhone 13の可能性「iPhone 12のケースが使えない」
2021年登場予定のiPhone 13と思われるモックアップが公開された。公開されたモックは、3Dプリンタで製造されたもの。2020年モデルのiPhone 12と一緒に写る比較画像では、画面上部に位置する切り欠き部分の幅が、2020...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx