Apple Car、開発の遅延で2025年以降発売か


Appleが秘密裏に開発を進めるApple Carは、そろそろ開発も終盤を迎えてきたのか、多くの情報が出回り始めた。

Apple Car、開発の遅延で2025年以降発売か

最近では、Reutersが匿名の人物から仕入れた情報として、次世代型のバッテリーシステムの開発など、多くのことについて触れていた。

しかし、この開発は、どうやらそれほど進展していない可能性が出てきている。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、Apple Car発売の可能性について触れ、早くとも2025年から2027年までは発売されないと伝えた。

Kuo氏は、以前にApple Carの発売は2023年から2025年と予測していたが、開発に関して再調査を行ったところ、そのスケジュールは確実なものではなかったという。

もし、Appleが今年度中に開発を見直して再始動し、それらが順調に展開されていけば、2025年から2027年の発売にこぎ着けることが可能のようだ。

しかし、Appleは、他のデバイスと同様に、現状でできる精一杯の最高クオリティを提供しようとするはずである。Appleが求めるそれらを開発陣営が具現化できなければ、発売は2028年以降にもつれ込む可能性もある。

電気自動車メーカーであるテスラのCEOイーロン・マスク氏は、Appleが開発中のバッテリーシステムについて疑問を呈していた。

既に実績を積み続けているイーロン・マスク氏は、Apple Carのニュースが報じられた矢先、Appleの開発者に伝えるかのように、その開発が理論上は不可能であることをTwitterで発言をしていた。

可能性を探るAppleは、不可能を可能にするつもりなのか、それとも正しい答えを見つけるために、一つ一つ実験を積み重ねて芽を摘んでいるのか。

iPhoneやMacのように、これまで積み重ねた実績のない分野に取り組むAppleは、これからどのような未来を提供するつもりだろう。

Apple、次世代バッテリーを開発か / 2024年製造Apple Carに搭載の見込み
Appleは、秘密裏に進めるApple Carの開発で、次世代型のバッテリーシステムの誕生を模索しているようだ。その構造は、余分な壁を排除するモノセル設計。従来のバッテリーは、それらを区切るセルや、内部の材料が収まるポーチ、それ...
新しい車社会の幕開けか / AppleとAmazon、電気自動車を2021年に発表の兆し 運送業界にも打撃か
2021年は電気自動車や自動運転技術が、これまでよりも身近に感じる年になり得る可能性がある。AppleとAmazonは、各社で電気自動車の開発を秘密裏に進めており、2021年はそのテクノロジーが世界に向けてお披露目される可能性がある...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x