新しい車社会の幕開けか / AppleとAmazon、電気自動車を2021年に発表の兆し 運送業界にも打撃か


2021年は電気自動車や自動運転技術が、これまでよりも身近に感じる年になり得る可能性がある。

新しい車社会の幕開けか  AppleとAmazon 電気自動車を2021年に発表の兆し 運送業界にも打撃か

AppleとAmazonは、各社で電気自動車の開発を秘密裏に進めており、2021年はそのテクノロジーが世界に向けてお披露目される可能性がある。

サプライチェーンのベンダーは、守秘義務契約を結んでおり、詳細については知ることができなかったが、アメリカのダブルAが新たな電気自動車を世に広める可能性を国内大手サプライチェーンの責任者が露骨に語ったと経済日報は報じた。

アメリカのダブルAとは、AppleとAmazonのことである。

2017年にAppleは、カリフォルニア州の車両管理局(DMV) に、公道で自動運転試験が行えるようにApple Carの許可を取得している。その時点で許可を保有する他社は、テスラ、Google、ホンダ、日産、BMW、フォード。

Apple Carは、トヨタの高級車ブランド、レクサスRX450hをベースにVelodyne Lidar社の最高峰レーダーシステムを2台設置し、自動運転のシステムテストを開始した。DMVの広報は、最近Appleが2015年のレクサスを3台登録したと述べている。

Amazonは、アメリカの電気自動車に関するベンチャー企業Rivianと共同で、電動ミニバンの開発を進めており、昨年にAmazonはRivianに対して10万台の電気トラックを受注しているという。

このミニバンは、アメリカ国内で先行運用が開始され、2022年には世界的にAmazonの運送サービスが開始されることが見込まれている。

この話の共通点は、どちらも台湾のサプライチェーンが絡んでいることである。

業界関係者は、Appleの計画ではApple Carの発表は2021年9月に予定されており、Amazonの電気トラックは、2021年8月にアメリカで運用が開始されるという。

Apple Carに関しては、これまで多くの情報筋がリリースに関するスケジュールを伝えていたが、それらに共通する予定は2023年から2025年である。

自動車は、未来の乗り物としてプロトタイプを公にすることがある。もしかするとAppleは、2021年に近い将来リリースを予定している開発をお披露目するのではないだろうか。

完成品の発表ではない理由は、システム完成度の低さである。Appleが開発する自動運転技術は、システムとしての完成度が非常に低い可能性が高い。それが原因かは分からないが、2019年4月に開発チームから約200人の解雇者を出している。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x