AirPods Maxのスマートケース、毎日使用する人は効果がないかも / 低電力に切り替わるタイミングなど


AirPods Maxのスマートケース、毎日使用する人は効果がないかも / 低電力に切り替わるタイミングなど

Appleは、AirPods Maxの充電とバッテリーに関して、サポートページを公開した。

サポートページでは、充電ケーブルを射し込む位置など、基本的な使用方法から始まり、最終的には付属のスマートケースがどのように機能するかについて、真に迫る内容である。

このサポートを確認する限りでは、AirPods Maxを毎日使用するユーザーにとって、スマートケースは単に“保護” を目的として装着する以外の用途はあまり感じられない。

それが指す部分は、バッテリー温存制御の時間である。

電源ボタンを有さないAirPods Maxは、使用がないときに自動で低電力モードへ切り替わる機能が備えられている。低電力モードで、しばらく使用がないことを感知すると、さらに電力の消費を抑えた低電力モードへ移行される。この低電力モードでは、Bluetooth通信機能とデバイスを検索する機能が停止する。

こうしたバッテリーの温存制御は、基本的に自動で行われているが、スマートケースにはバッテリーの消費を抑える制御に働きかける作用が与えられており、AirPods Maxをケースに収納すると即座に低電力モードへ切り替わる。

ケースの装着は、連続待機時間を幾分長く保つことが可能である。こう考えるユーザーは多いのではないだろうか。

しかし、公開された情報では、実際に我々が期待するような制御ではなく、長期間放置することを考えた制御のようだ。

Appleが公開した情報によると、スマートケースを装着せずにAirPods Maxを机などに置いた場合、AirPods Maxは5分後に低電力に切り替わり、その状態が72時間続くと超低電力モードに切り替わる。

では、スマートケースを装着した場合の制御はというと、装着後すぐに低電力モードに切り替わり、18時間後に超低電力モードに切り替わる。

Appleのデバイスを大切に使用するユーザーは多い。ケースに入れて持ち歩くことは、保護という面では非常に有効ではあるが、バッテリーの持ちを考慮してケースにしまうことを考えているユーザーは、用途に合わせて考えを改めた方がいいかもしれない。

AirPods Max、結局「音質やノイキャン、使い心地」はどうなのか / 先人からの情報が集まる
AppleがAirPodsの最高峰としてリリースしたヘッドホンが、顧客の元へ到着を始め、多くのレビューを出回り始めた。オーバーイヤー型のデザインを採用したAirPods Maxは、信じられないほどのハイファイオーディオ体験を提供するもの...
created by Rinker
Apple(アップル)
¥67,980(2021/07/28 05:12:17時点 Amazon調べ-詳細)
AirPods Max の充電方法とバッテリー駆動時間について
AirPods Max の充電方法や、バッテリーを長持ちさせる方法をご案内します。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x