紛失したAirTagが見つかるまでが、世界レベル「地球なら、どこで紛失しても大丈夫かも」


紛失したAirTagが見つかるまでが、世界レベル「地球なら、どこで紛失しても大丈夫かも」

Appleが2021年4月にリリースしたAirTag。キーに取り付けたり、バッグに取り付けたりと、大切なアイテムとペアにすることで、置き忘れなどの失敗から紛失品が手元に戻る可能性を高める。

しかし、ここで疑問が出てくる。iPhoneなどのように、通信契約を必要としないAirTagは、紛失の際に、一体どのような過程を経て通信を行うのだろうか。

iPhoneなど、Appleデバイスの「探す」システムを利用して機能するAirTagは、その所有者が紛失時に近くにいる必要はなく、たとえば大阪で紛失したものを東京から探すことも可能である。

この通信に利用される通信方法は、Bluetooth。近距離無線通信を意味するBluetoothは、お察しの通り東京大阪間の通信を行うことはできない。通信距離は、障壁のない平地でもせいぜい10mから15mの通信が限界である。

Bluetoothの利用用途は、AirPodsやワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスなどの密接な通信を行う関連デバイスである。このような用途に利用されることが多いBluetooth通信を用いてAirTagを見つけるには、どうやら意外な方法が用いられているようだ。

その意外な方法とは、ほかのAppleユーザーが所有するiPhoneやiPad。日本では10人に5人がiPhoneを選ぶ時代である。近くにいるiPhoneユーザーが、紛失モードに設定されたAirTagの近くにいることは可能性として高く、紛失物が見つかる術としては非常に合理的な方法である。

現在、Appleのデバイスは世界中に10億個近くがひしめき合っており、見知らぬ土地や、遠く海外で紛失したAirTagの発見も比較的容易になりそうだ。

では、相手には、どのような情報が伝わるのか。単刀直入に伝えると、紛失物発見の連絡先としてAirTag所有者が入力した電話番号が伝えられる。

AirTagを発見したAppleユーザーは、AirTagをiPhoneの背面、Apple Payなどに利用の非接触ICに近づけることでデバイス間の通信が行われ、発見者には紛失中のメッセージや電話番号を含むURLの提供が行われる。発見者が所有するスマホに関しては、iPhone意外にもAndroid端末も対応しているようだ。

URLにアクセスした善良なユーザーからは、位置情報がAirTag所有者に送信され、紛失した場所を特定することが可能となる。

なお、紛失モードに設定していないAirTagに、他人がiPhoneを近づけたとしても電話番号などの情報は表示されない。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥3,800(2021/10/28 05:11:19時点 Amazon調べ-詳細)
Apple、AirTagを発表「目標物までの距離や方向も表示」
Appleは、置き忘れ防止のAirTagを発表した。これまでに発表が延期されたとの情報もあったが、Appleが開発者向けに公開しているiOSのベータ版に存在が確認されていたことから、そろそろ発表ではないかと噂されていたものである。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x