2021年モデルのiPad Pro 12.9、第1世代のMagic Keyboardと互換性あり「Apple認めるが、注意書きあり」


2021年モデルのiPad Pro 12.9、第1世代のMagic Keyboardと互換性あり「Apple認めるが、注意書きあり」

Appleは、2021年モデルとしてリリースしたiPad Proの12.9インチの詳細について、サポートドキュメントを公開した。

今回公開された内容は、Magic Keyboardに関する適合性である。

2020年モデルのiPad Proと、見た目がほとんど同じ2021年モデルのiPad Pro 第5世代は、旧型のMagic Keyboardをそのまま使用することは可能なのだろうか。この疑問に対するAppleの答えが公式に公開された。

旧型と、見た目こそ同じiPad Pro 第5世代は、実は若干寸法が異なるモデルが存在する。寸法が異なるモデルは、12.9インチのモデル。12.9インチも幅や高さに関しては、旧型と同一のサイズを採用しているが、厚みについては旧型よりも0.5mm分厚く設計されている。

この厚みの違いは、12.9インチに採用されたディスプレイパネルが影響している。新たに採用されたディスプレイパネルには、これまでの発光源とは異なり、新たな可能性として採用されたMini LEDがバックライトに取り入れられている。

消費電力を抑えることが可能なMini LEDは、これからのスタンダードになり得る存在として、iPad Proの最上位モデルに採用されたわけだが、これまでの方式よりも若干厚みが増すデメリットを持ち合わせていることが特徴で、iPad Proの外寸にその存在が表れてしまっている。

この差がもたらす影響は、Magic Trackpadの互換性に影響する可能性がある。

Appleは、サポートドキュメントの注釈に、第1世代のMagic Keyboardは、Liquid RetinaXDRディスプレイを搭載した新しいiPad Pro 12.9インチ(第5世代) と、機能的に互換性があることを示した。

しかし、それに続く注釈は、Magic Keyboardを閉じたときに、iPad Proのボディにフィットしない可能性を付け加えている。

たった0.5mmの差だが、ジャストサイズで仕立てられたアクセサリーに影響を与える可能性がある。Appleは、この注釈に、スクリーンプロテクターが適用されている場合のフィット感を強調しているため、画面に保護フィルムなどを張り付けないのであれば、旧型のMagic Keyboardを装着時にもフィットする可能性はある。

現在第1世代のMagic Keyboardをお持ちのiPadユーザーは、そのキーボードを新しいiPad Proへ装着して試してみる価値があるのかもしれないが、これからMagic Keyboardを新たに購入するのであれば、モデルに適合しているものの購入をお奨めしたい。

おそらく旧型のMagic Keyboardは、Amazonや楽天市場、メルカリやヤフオクなどでも割安に買い求めることは可能なはずである。しかし、厚みの差が与える影響は少なからずあるため、一か八かで購入すると痛い出費になるかもしれない。

Apple、iPad Pro 2021を発表「M1チップ搭載で、iPadの皮を被ったMac」
Appleは、iPad Proの2021年モデルとして衝撃的なデバイスを発表した。2021年モデルのiPad Proは、2020年モデルのiPad Air 4や、iPhone 12シリーズに採用のA14チップをベースにチューニングが...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x