Apple、AirPodsとAirPods Proの「ファームウェア3A283」をリリース


Apple、AirPodsとAirPods Proの「ファームウェア3A283」をリリース

Appleは、AirPodsとAirPodsProの新しいファームウェアをリリースした。今回リリースされた3A283は、今秋リリースが予定されているiOS 14の新機能をサポートすることが主な目的となる。

その新機能とは、豊かな音響を実現する空間オーディオと、イヤホンを使用するデバイスを自動的に切り替えるオートマチックスイッチング機能である。

空間オーディオ技術(Special Audio) については、どれほどの性能かは定かでないが、オーディオの臨場感を上げることは間違いなさそうである。なお、空間オーディオに関しては、ハイエンドのAirPodsのみに適応される設定の可能性がある。もしかすると製造に遅延が発生していたAirPods Studioがそろそろ登場するのかもしれない。

Apple、AirPodsとAirPods Proの「ファームウェア3A283」をリリース

新しいファームウェアのインストールは、iPhoneに接続することで自動的に開始される仕組みのため、手動でバージョンアップを行うことはできない。

AirPodsをiPhoneに接続し、イヤホンをケースに戻して、ケースの充電を始めると、いつの間にかアップデートが完了している。

アップデートの注意点として、接続先デバイスは必ずiOSであること。コレは必須項目である。Macに接続した状態でもアップデートできるのではないかと思い、数ヶ月間MacにAirPodsを接続していたが、一向にアップデートが掛かる気配すらなかった。

【レビュー】「私がAirPodsを使い分ける理由」AirPodsとAirPodsProを両方使って思ってること
Appleが世界を席巻しているといっても過言ではないワイヤレスイヤホンの世界。私もそれを愛用する一人である。不思議なことに、AirPodsを使っていると、なぜか決まって聞かれる不躾な質問があるのだ。その質問とは、「(AirPodsとAi...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x