2022 iPhone 14シリーズはチタンボディ採用か「今後、Apple WatchやiPad、Macなどもチタン採用の可能性」


2022 iPhone 14シリーズはチタンボディ採用か「今後、Apple WatchやiPad、Macなどもチタン採用の可能性」

Appleが2022年モデルとして準備を進めているiPhoneは、これまでとは異なる材質に身をまとい登場する可能性がある。

JP Morgan Chaseの投資家向けレポートによると、iPhoneの新しいボディにはチタン合金が採用される。

材質の変更は、ハイエンドモデルのみに採用される可能性があり、iPhoneの製造で知られるFoxconnが製造を一手に担うようだ。

iPhoneへのチタン素材採用は、これまでに実績がなく、置き換えられた材質によって得られる印象の違いや性能については不明となる。

チタンは、比較的硬度が高く、傷つきにくい性質を有しており、製品自体の仕上げを軽量に保つことが可能となる。ただし、この合金のデメリットとして、厚みのある素材であれば熱しにくく冷めにくい特性を有す点や、コーティングなどを施さなければ指紋汚れなどの問題に悩まされる可能性が高い。

しかし、Appleは、この問題に対して既に特許を取得しており、2022年モデルのiPhoneがチタンボディとして登場するのであれば、先に取得した特許を用いて難関を克服している可能性が高い。

この特許の説明では、酸化コーティングによって、あらゆる被膜干渉着色を低減する。対象は、ボディ表面へのコーティングで、特許のイメージにはiPhoneのようなモバイルデバイスとは別に、MacノートやiPad、Apple Watchの存在を確認することが可能。

Appleは、iPhoneを皮切りに、今後発表するデバイスにチタンを採用したモデルを随時増やしていくのかもしれない。

次期Mac、フラットエッジにチタン素材を採用か / 修理が難しくなる可能性
デザインを更新する時期Macは、iPhone 12シリーズやiPad Proのようにフラットエッジのデザインを採用するといわれており、この次世代のMacには、チタン素材が採用される可能性がある。Appleは、チタンという難しい素材に...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x