iPhone 12の性能、「iPhone 11より確実に早くなる」ことをTSMCが数値で証明


iPhone 12の性能、「iPhone 11より確実に早くなる」ことをTSMCが数値で証明

AppleのiPhoneに搭載されるプロセッサを提供する台湾のTSMCは、今後リリースされるiPhone 12に搭載されるA14プロセッサ(5nm) が、iPhone 11に搭載されるA13プロセッサ(7nm) よりも確実に性能を上げていることを示した。

TSMCは年次技術のシンポジウムで、比較対象としてAppleが過去にリリースしたデバイスに搭載していたプロセッサを持ち出し、今後製造される新しいA14プロセッサに採用される見込みの5nmチップが、どのような進化を遂げているのかを伝えた。

シンポジウムでは、製造プロセスによる性能または電力効率の改善などの一部が詳細に説明されており、それを元にAnandTechが作成した内容を下に貼りたいと思う。

iPhone 12の性能、「iPhone 11より確実に早くなる」ことをTSMCが数値で証明

N7のA13プロセッサと、N5のA14チップを比較している部分を確認すると、同じ電力量では15%も高速な処理を実行できることが分かる。電力効率は30%向上する可能性を示している。Appleは2020年にA14を搭載する4つのiPhone 12をリリースする見込みであり、これらのデバイスが性能を上げて登場することは間違いなさそうである。

しかし、Appleが今後リリースする予定のデバイスにA14プロセッサを搭載する場合、同じ電力量で より高速な処理をさせるのか、それとも電力量を絞り処理性能は維持しつつ、バッテリーを搭載するデバイスの連続使用時間を延ばすのか、その辺りの考えは分かっていない。

最近Appleはバッテリーの効率化に関して、積極的な姿勢を示しており、iPhone 12と同時期にリリースされる見込みのiOS 14では、性能と電力効率の見直しを含めた最適化が行われている可能性もある。

iPhone 12は、バッテリーの残量が11%に達するまでの電力量が同じであるとの情報もあり、今後の展開に期待したい。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x