iPhone 12の製造、名指しされたサプライヤーが反論「iPhone 12のカメラに問題はない」


iPhone 12の製造、名指しされたサプライヤーが反論「iPhone 12のカメラに問題はない」

Appleが2020年にリリースを予定しているiPhone 12シリーズ。そのデバイスに部品を供給するサプライヤーの1社が問題を抱えているという情報が入っていた。

以前、アナリストであるMing-Chi Kuo氏から発せられた情報によると、iPhone 12のスタンダードモデルにカメラ部品を提供する1社、Genius Electronic Opticalが製造上の問題を抱えており、改善に向けて取り組んでいると伝えられていた。

しかし、その情報に対して、メーカー側は反論に出たのである。DigiTimesによると、Geniusはスマートフォン用のレンズモジュール生産は問題なく稼働し続けており、スマートフォンメーカーからの要求に変更は加えられておらず、変わりなく提供が継続されているという。

iPhone 12シリーズに使用するカメラレンズは、Genius以外にLargen Precisionからも供給を受けており、元々トラブルがあっても大きな影響を受けることはなかった。

Appleのデバイスを生産する最大のパートナー Foxconnは、iPhone 12の大量生産に向けて、期間雇用を増やしている。発売自体は、感染病の影響により数週間遅延するが、現状では遅延につながるトラブルはなさそうだ。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x