2022年、iPhone 14シリーズに画面直下型Face ID搭載の可能性が高い


2022年、iPhoneに画面直下型Face ID搭載の可能性が高い

2022年モデルとしてリリース予定のiPhone 14シリーズには、新型のセンサーを採用したFace IDが搭載される可能性がある。

ディスプレイアナリストのRoss Young氏によると、そのFace IDは、ディスプレイパネルに隠されて画面下部に収まる。

Young氏は、現在、Appleが開発に取り組んでいる最中で、決定された事実ではないと伝えている。

計画として搭載が見込まれているモデルは、2022年のハイエンドモデルであるiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Max。

2022年モデルのiPhoneは、画面上部のノッチ部分がなくなり、前面カメラには、パンチングホールデザインを採用するといわれている。

Face ID装備は、前面カメラ横に据え置かれた装備を利用しているが、ノッチの廃止に伴い、画面の裏側へ移行する必要があり、Appleは必然的に開発を急いでいる可能性がある。

様々な事情を踏まえた上で進められている開発は、ひとつの開発が計画の破棄を余儀なくされた場合、その一部として進められているパンチングホールデザインを採用した前面のデザインも見直される可能性がある。

現時点では、従来通りノッチを作用したデザインが継続されるのか、それとも新しいデザインを採用するのかについて不明となる。

iPhone 14、画面上部のノッチ廃止 パンチングホール採用か
Appleが2022年の発表に向けて開発を模索するiPhoneは、ディスプレイ面に新しい仕様を盛り込む可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、次世代のiPhoneにはパンチングホールディスプレイデザインが採用さ...
iPhone 14は背面カメラの段差がなくなる可能性「Prosser氏が特徴を掲載」
2021年モデルのiPhoneが発表直前だが、早くも1年後にリリース予定のiPhone 14について著名人がページを公開した。その人物とはリーカーのJon Prosser氏。Prosser氏は、自身のWebサイトであるFrontPa...
2022年のiPhone 14、カメラにも高強度ゴリラガラスか「Corningがカメラレンズ用を発売」
2022年モデルのiPhoneは、カメラレンズの仕様を変更して登場する可能性がある。AppleのサプライヤーであるCorningは、ゴリラガラスの新製品としてカメラレンズ用ゴリラガラスを発売した。現在、iPhoneのディスプレイ...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x