Appleの複合現実ヘッドセット、2022年に発表が濃厚か


Appleの複合現実ヘッドセット、2022年に発表が濃厚か
Designed byAntonio De Rosa

Appleが開発を進める仮想現実や拡張現実の世界。それらを具現化するために、必ず必要な複合現実ヘッドセットの発表が、本当に間近まで迫っている可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、以前にも拡張現実ヘッドセットの発表時期を2022年半ばと伝えていたが、今回の情報は、その情報に裏付けが取れたかのように、再び2022年の発表と伝えた。

BloombergのMark Gurman氏(Twitter: @markgurman) は、ヘッドセットの発表は数ヶ月後に迫っているとした上で、その発表にはAppleが対面での披露を希望している可能性を伝えていた

ヘッドセットには、合計で15個のカメラが使用されるという情報や、肉眼のように動くシステムが搭載されるとの計画、そして内部の構造に関しても情報は出てきており、平面の集光レンズ(フレネルレンズ) を研究していると、取り組みについても発せられている。

MacRumorsによると、Appleは、複合現実ヘッドセットの発表を前に、主な開発者に向けて開発用のヘッドセットを公開し、新しいデバイスに対応のアプリケーションやゲームの準備する時間を与えている可能性がある。

この事前準備は、Intel製のCPUを搭載したMacからAppleシリコンのM1チップに移行を始める前にも見られた。確かに、まったく新しいデバイスを発表したとしても対応のアプリケーションが存在しないのであれば、Appleとしての凡ミス感は大きい。

現時点では、情報に大きな進展はないが、これまでに出てきた情報の可能性が上がり、可能性から見込みへと変わりつつある。MacやiPhoneといったデバイスから抜けだし、SF映画のような世界へシフトする時代も近いのかもしれない。

2022年、AppleがARヘッドセット発売か / 「視界に情報」コンタクトレンズ発売を2030年に
Appleは、拡張現実や仮想現実の世界を具現化するため、目標に向かって具体的に前進しつつあるようだ。Designed by Antonio De RosaアナリストのMing-Chi Kuo氏の予測によると、Appleは噂として長い...
Appleの複合現実ヘッドセット、2021年内に対面発表で調整か / 焦れったい、焦るAppleが見る未来の構想
Designed by Antonio De RosaAppleが開発を進める複合現実ヘッドセット、このまったく新しいデバイスの発表は、オンラインによるストリーミング配信ではなく、対面のイベントとして公開を予定している可能性がある。...
Apple、複合現実ヘッドセット 15個のカメラ用途
Designed by Antonio De RosaAppleが開発を急ぐ複合現実ヘッドセットは、拡張現実と仮想現実の両面で活躍することを目的としたデバイスで、15個のカメラを内蔵して登場するといわれている。アナリストのMing-...
Appleの複合現実ヘッドセット、肉眼のように動くシステム搭載か
Designed by Antonio De RosaAppleが開発中と噂の複合現実ヘッドセットは、肉眼に近い動きをする可能性がある。おそらく、Apple初の拡張現実デバイスとして登場するヘッドセットは、仮想現実と拡張現実の機能を...
Appleの複合現実ヘッドセット、平面の集光レンズを採用か / 採用の可能性があるフレネルレンズとは
Designed by Antonio De RosaアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは、ヘッドセットの軽量化にフレネルレンズを採用する可能性がある。開発が進む複合現実ヘッドセットは、軽量化が最終的な課題と...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x