iPad mini 6のモックアップが登場「フラットエッジで全面ディスプレイ」


iPad mini 6のモックアップが登場「フラットエッジで全面ディスプレイ」

Appleが次期型としてリリースする予定のiPad mini シリーズ6を再現したモックアップが登場した。

写真に捉えられた被写体は、アルミ製のボディに波打った背面デザインが特徴的。

次期型のiPad mini 6は、これまでよりもスリムに成形されたベゼルや、全面ディスプレイが特徴といわれており、セキュリティの認証方式には指紋認証のTouch IDが備えられるとの情報がある。

IPad mini 6のモックアップが登場 フラットエッジで全面ディスプレイ

全面ディスプレイを搭載することで、従来まで画面下部に収められていた物理ボタンのホームボタンは廃止され、その代替として電源ボタンに指紋認証を統合したものが採用されると伝えられている。

この指紋認証ボタンは、2020年モデルとして登場のiPad Air 4と共通の電源ボタンが収められる可能性が高い。

techordo.comが公開したモックは、リーカーのxleaks7氏が協力して作成されたものである。

IPad mini 6のモックアップが登場 フラットエッジで全面ディスプレイ 2

公開された画像を確認すると、音量ボタンの位置が変更されていることに気付く。iPadを正面から見たときに、ボリュームボタンは、これまで右側に配置されていたが、iPad上部に移動されているようだ。

次期型のiPad miniは、今秋のリリースが予測されている。

刷新されたボディには、今後リリースが予定されている最新のA15チップや、キーボードの接続を容易にするスマートコネクタが搭載されて、ポートはLightningからUSB-Cに変更されるといわれている。

次期iPad mini、5nm A15チップ搭載か「スマートコネクター搭載の可能性」
Appleは、次期型のiPad mini 第6世代へ、新型の処理装置を搭載する見込みだが、そのほかにも上位デバイスへ搭載の装備を付け加える可能性がある。9to5Macによると、第6世代となるiPad miniには、スマートコネクター...
Gurman氏、iPad mini 2021は「今秋発売で間違いない」全面ディスプレイで登場か
Appleは、iPad miniの第6世代を2021年中に発表する計画で動いているようだ。BloombergのMark Gurman氏は、毎週発行のPower Onで、次期iPad miniのリリース時期について、2021年秋で間違...
2021 次期iPad miniのCADファイル「フラットエッジで大きなiPhoneのよう」
iPad miniといわれるイメージ画像が公開された。公開されたモデルは、2021年に登場、つまりAppleが未発表の次期型モデル。このイメージを公開した人物は、リーカーのJon Prosser氏。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x