iPhone 12、699ドルからか シリーズの詳細がまとめられる


iPhone 12、699ドルからか シリーズの詳細がまとめられる

Appleが2020年にリリースを予定しているiPhone 12シリーズは、一番安価なモデルが699ドルからスタートする価格帯となる可能性がある。

リーカーのKomiya氏(Twitter: @komiya_kj) が、iPhone 12シリーズの詳細をまとめたページをアップロードしており、その中には4種類のiPhoneの存在を確認することができる。

待望の小型iPhoneとなる5.4インチiPhone 12、6.1インチのiPhone 12、6.1インチのiPhone 12 Pro、そして一番大きなiPhone 12 Pro MAXで、全タイプ5Gネットワークに対応している。

スタンダードモデルに搭載されるディスプレイは、Super Retinaディスプレイが採用されており、一般的な有機ELディスプレイとなる見込み。5.4インチモデルはサムスンが製造するものが搭載されるようで、6.1インチはLGとサムスンの2社となるようだ。

ハイスペックなProには、Super Retina XDRディスプレイが採用され、こちらは10bitの色深度で、色の表現がより豊かなものとなる。製造はどちらのサイズもサムスンが行うようである。

ボディはスタンダードモデルがアルミニウムボディなのに対して、Proはステンレスで成形されたものとなる見込み。

プロセッサはシリーズすべてにA14チップが採用されている。メモリに関しては、これは間違いであってほしいが、すべてのタイプが同容量となる4GBのRAMが設定されている。

以前、スタンダードモデルは4GBで、ハイスペックモデルには6GBのメモリが採用されているとの噂があっただけに、少し期待が外れたものとなる。

記憶容量は一番小さな容量が128GB、その次に256GBで、Proにはもう1つサイズの大きい512GBが用意されている。

背面カメラは、スタンダードモデルが広角レンズと超広角レンズのデュアルカメラで、Proは広角と超広角に望遠レンズを合わせたトリプルレンズと、待望のLiDARスキャナーが内蔵されている。

価格は、iPhone 12が699ドルから799ドル、画面サイズが大きいiPhone 12 MAXは799ドルから899ドル、iPhone 12 Proは999ドルから1299ドル、iPhone 12 Pro MAXは1099ドルから1399ドルになるようだ。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x