Safari 14がTouch IDとFace IDをサポート


Safari 14がTouch IDとFace IDをサポートか

Safari 14を使用したWebサイトのログインで、Touch IDやFace IDを使用することができるようだ。

Appleの開発者ページにて公開された内容によると、Face IDとTouch IDは、SafariのWebサイトへログイン時にスムーズなエクスペリエンスを提供するという。

従来、Safariを使用してWebサイトへログインを行う際には、パスワードを入力する必要があった。それに代わり、Touch IDやFace IDを利用したログインが可能になる。

この切っ掛けを作ったのは、AppleがFIDO Allianceへの参加を決めたことによるものだ。

FIDO Allianceは、信頼性の低い単純なパスワード技術を退けて、よりセキュリティの高い認証の標準化を進める協会である。

この協会へ参加している日本でも有名な企業としては、Amazon、アメリカンエキスプレス、Facebook、Google、インテル、LINE、レノボ、マイクロソフト、ドコモ、サムスン、ビザ、ヤフーなどがある。

Appleは既に2019年の9月に登場したSafari 13のバージョン13.3から、二要素認証を実現するFIDO2セキュリティキーデバイスをサポートしている。

Photo: Apple

Apple最新情報・噂
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
Twitterでは、iPhoneなどの質問も受付中です。フォロワーさんも募集です!
タカブログ公式: @TakaBlog24, 書いてる人: @fanzrg
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。