iPhone 12 Proのカメラ、大型センサー搭載で高精細の撮影が可能か


iPhone 12 Proのカメラ、大型センサー搭載で高精細の撮影が可能か

Appleが2020年にリリースを予定しているiPhone 12シリーズ。その中でも高性能タイプに位置づけられるiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MAXのカメラシステムに、今までよりも綺麗に撮影ができる大きな変化がもたらされる可能性がある。

リーカーのKomiya氏(Twitter: @komiya_kj) は、TwitterでiPhone 12シリーズには従来よりも大きなセンサーを搭載していることを示唆するツイートを行っている。

Komiya氏は、そのツイートのあとに、ほかのTwitterユーザーとやり取りを行っており、大きなセンサーを搭載するモデルは、iPhone 12シリーズすべてのカメラシステムであることを示唆する内容を送信している。

冒頭で高性能タイプに当たるiPhone 12 Proに関する内容とお伝えしたのは、iPhone 12シリーズにはグレードによるカメラシステムの違いが存在しているためである。iPhone 12のスタンダードモデルには2眼カメラが搭載され、iPhone 12 Proには3眼レンズのカメラの搭載が見込まれている。その中で、センサーが大きくなる見込みがあるならば、スタンダードではなくProだろうと受け止めたのである。

センサーの大型化により写真サイズ、解像度が大きくなるのではないかと期待を膨らませた人もいると思うが、Komiya氏のツイートには「12MP(メガピクセル)」と付け加えられていることから、写真サイズに関してはiPhone 11と大差がない可能性がある。

ただし、この場合、保存される写真の容量は大きくなる。

ただし、これは残念がる部分ではない。センサーサイズが大型化され、写真サイズが変わらない場合、暗所撮影でのノイズが軽減できるメリットや、近接撮影では背景のぼかし具合を大きくできるメリット、風景写真では細かな部分までも再現できるなど、多くの利点を持ち合わせたカメラになる。

1つ問題があるとすれば、高画質になればなるほどファイルサイズが大きくなるため、iPhoneの空き容量に心配が出てくることだろうか。

新しく登場するiOS 14では、拡張ナイトモードや拡張ノイズリダクションなど、新しい便利な撮影機能が追加されていることから、大きくなったセンサーをフルに使用できるとは言い切れないが、写真が今まで以上に綺麗になることは期待できる。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x