AirTagsのサイズ、財布に入る大きさか「500円玉より少し大きい」


AirTagsのサイズ、財布に入る大きさか「500円玉より少し大きい」

Appleが発売に向けて計画を進めるAirTagsについて、新たな情報が漏れ出した。

今回の情報を露わにした人物は、リーカーのMax Weinbach氏。Weinbach氏からの情報は、EverythingApplePro経由で公開されている。

公開された内容は、リリースの計画が進むAirTagsのサイズである。情報によると、AirTagsのサイズは幅32 × 奥行き32 × 厚み6mm。

このサイズは、アメリカの硬貨50セントとよく似たサイズ感のようで、カリフォルニアに拠点を置くAppleは、馴染みやすさからサイズを50セントに近づけた可能性がある。ただし、厚みに関しては、AirTagsが3倍程度分厚い。

日本の硬貨で一番近いサイズに当たるものは500円玉。しかし、500円玉とAirTagsのサイズを比較すると、その差は非常に大きな開きがあり、AirTagsが幅奥行き共に5.5mmも大きく、厚みに関しては3倍以上AirTagsが分厚い。

サイズに関しては、以前リーカーの有没有搞措氏が大きいタイプと小さいタイプの2種類が発売されることを示唆していた。しかし、Weinbach氏による情報では、サイズ展開が1つである。情報の違いに関して、明確な答えは導き出せないが、もしかするとAppleは単独で動作するAirTagsとして32mmタイプをリリースし、小型のタイプに関してはバッテリーを有さない内蔵型として計画している可能性もある。

価格は、小売店からの情報によると39ドル前後になると予測されている。日本円に換算すると約4,300円。

発表の日程についてWeinbach氏は、“まもなく” であることを伝えているが、発表が延期されている可能性があるAirTagsは、再び発売を延期する可能性もあり、いつ発表されるのか不明である。

なお、AirTagsの存在に関しては、開発者向けに公開されているiOSのベータ版で存在が発見されていることから、新製品としてAppleのランナップに追加されることは間違いがない。

AirTags、もうすぐ発売か / 大小サイズがリリースされる可能性
Appleは、近日中に忘れ物防止タグであるAirTagsをリリースする可能性がある。iPhone 12シリーズが発表されたイベントでお披露目されるのではないかと期待されていたAirTagsは、10月13日の当日に姿を現すことはなかっ...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x