M1 MacでUSB-Cに問題発生「外部ディスプレイやSSDの認識不良」 / アップデート後も改善されず


M1 MacでUSB-Cに問題発生「外部ディスプレイやSSDの認識不良」 / アップデート後も改善されず

Macで一部の外部ディスプレイを正しく認識しない不良が出ているようだ。

対象となるMacは、macOS BigSur 11.1がインストールされているデバイスで、11.2にアップデートを行ったとしても症状は改善されず、むしろ悪化したとの声が上がっている。

MacRumorsは、このトラブルを抱えるMacユーザーは、MacBook Pro 16を使用しているが、同様の問題を抱えるMacはほかにもあると伝えている。

SNSなどを探っていくと、トラブルを抱えている大半のMacは、M1チップを搭載したモデル。つまり2020年モデルのMacBook Pro、MacBook Air、Mac miniに同様の症状が見られる。

問題が出ている接続は、USB-Cで接続された一部の外部ディスプレイ。HDMIで接続されたディスプレイは影響を受けない。

トラブルの事例は、Macが起動しているにも関わらず、ディスプレイがブラックアウトした状態で表示されなかったり、4K60Hzで表示されるはずが、30Hzのクロック数で認識をしたりする。また、4KのディスプレイがフルHDとして認識されるケースもあるようだ。

そして、このトラブルはディスプレイの接続不良に留まらない。それは、外部ディスクの接続不良である。6個のカーネルパニックが発生し、OWC Thunderblade(外付けSSD) が接続できないといった事例が発せられている。

現時点で、Appleは、この問題に対してコメントをしていない。

しかし、11.2のベータ版がリリースされた際に、USB-C接続に関する問題は議論されていることから、数週間以内にバグの修正が盛り込まれる可能性は高い。

M1 Mac mini、画面にピンク色の点線 / 消す方法
AppleのM1チップを搭載したMacに、新たな不具合が見つかった。不具合の箇所は、接続したディスプレイに表示の乱れが生じるというもので、前回議論の種になったディスプレイの不具合とは別件である。Redditなどのスレッドに挙げられた...
macOS Big Sur 11.1正式リリース「AirPods MaxやiPhoneの新しいカメラ保存形式に対応」など
Appleは2020年12月16日、macOS Big Sur 11.1を正式にリリースした。今回のアップデートは、iPhoneのアップデート同様に、AirPods Maxに関する機能追加と、App Storeのプライバシー情報導入に関...
macOS Big Sur 11.2正式リリース「Bluetoothの信頼性向上」など / 注意:画面が点灯しない状態が続く
Appleは2021年2月2日、macOS Big Sur 11.2を正式リリースした。今回のアップデートでは、Bluetoothの信頼性が向上しているほか、“写真” アプリでAppleRaw形式の写真を編集した際に、編集内容が保存され...

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x