Mac用 Safari 15をリリース「macOS Big SurとCatalinaで利用可能」(所要時間:1分)


Mac用 Safari 15を正式リリース「macOS Big SurとCatalinaで利用可能」(所要時間:1分)

Appleは、Mac用のSafari 15をリリースした。

今回のアップデートは、今秋リリース予定の次期Mac OSであるmacOS Montereyに搭載予定の機能を先に導入した形となる。

iPhoneのiOS 15が正式にリリースされ、機能性や見た目の統一感を出す目的もあるのだろう。

このアップデートは、macOS Big SurとmacOS Catalinaを搭載したMacに適応が可能。

Mac用 Safari 15を正式リリース「macOS Big SurとCatalinaで利用可能」(所要時間:1分)

MacのSafari 15では、パフォーマンスとセキュリティの向上を主な目的として、タブ関連の機能やデザインの改善が盛り込まれている。

このアップデートに要した時間は、Intel製のCPUをMacで1分。macOS自体のアップデートとは異なり、Safariのみのアップデートだったため、Macを再起動する必要もなかった。

注意点を挙げるとするならば、Safariを終了する必要がある。閲覧中のページがある場合は、ブックマークに保存するか、閲覧を終了してからアップデートを行うようにしたい。

アップデート方法は、画面左上のリンゴマークをクリックし、「システム環境設定 > ソフトウェアアップデート」。

Safari 15

Safari 15では、より高速なパフォーマンス、セキュリティの改善、および以下の新機能が提供されます:

  • タブグループにより複数のタブを保存し整理できるようになります。タブグループはほかのデバイスから簡単にアクセスできます
  • 刷新されたタブは、角が丸く、境界がはっきりした外観となり、Webページのカラーが反映されます
  • “コンパクト”のタブバーオプションを使用すると、画面上により多くのWebページを表示できます
  • HTTPSアップグレードにより、WebサイトがHTTPSに対応している場合、HTTPからより安全なHTTPSに自動的に切り替わります
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x