Apple、2021年モデルのMacBook Pro 16はインテル搭載か / Appleシリコン搭載はいつ頃か


Apple、2021年モデルのMacBook Pro 16はインテル搭載か / Appleシリコン搭載はいつ頃か

Appleは、2021年モデルのMacBookに、2つの異なる仕様を準備している可能性がある。

この仕様の違いは、搭載される処理装置の違いで、見込みのあるものは、自社製のAppleシリコンを搭載したモデルと、従来通りインテル製のCPUを搭載したモデルである。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2021年後半の発売が予定さてれているMacBookに、Appleシリコンを搭載したモデルが登場すると伝えた。しかし、このことに異論を唱えた人物がいるのである。

それが、正確なリーク情報を発信するリーカーの有没有搞措氏 (Twitter: @L0vetodream) 。Kuo氏のリサーチノートに、一文を追加する形で、それがオンリーではないことを伝えた。

両者のリサーチを繋げると、Appleは、2021年モデルとして発売するMacBookシリーズに、期待のAppleシリコン搭載モデルと、それとは別にインテルを採用したモデルが登場する可能性がある。

Appleは、Appleシリコンを搭載した初のMacとして、2020年モデルにMacBook AirとMacBook Pro、それにMac miniを発売し、Appleシリコンが群を抜いて高性能であることを証明した。

この3つのMacに搭載されたAppleシリコンM1チップは、低消費電力と小型化に特化したエントリーモデルでありながら、高性能なデスクトップパソコンをも凌駕する高い性能を持ち合わせており、必然的に次世代型の高性能Appleシリコンには期待が集まっている。

2021年は、MacBook Pro 16インチのリリースが見込まれることから、M1チップよりも高性能なAppleシリコンはMacBook Pro 16から始まるのではないかと予測されていた。

しかし、Macの開発と、チップ開発のタイミングが噛み合っていなければ、2021年モデルのMacBook Pro 16にはインテルが採用される可能性もある。そして、このインテル搭載MacBook Pro 16は、有没有搞措氏の発した一言で、可能性から見込みへと変わった。

間違いであってほしい情報ではあるが、これらの情報を元に描く2021年モデルのMacBook Pro 16は、現行デザインを生かしたマイナーアップデート、もしくはマイナーアップデートのハイスペックモデルと、16インチの中でも下位に位置するモデルがAppleシリコンを搭載して登場する可能性に留まる。

MacBook Proのラインナップが、すべてAppleシリコンに切り替わるタイミングは、2022年前半になるのかもしれない。

Appleシリコンを搭載したMacBook Pro 16は、デザインを一新し、先に登場したM1チップよりも高い性能を持つチップを搭載して登場すると予測されている。

M1チップMacのグラフィック、パワフルなGPUと同等 / フォトショやイラレ、ゲームには使えるのか
Intel製のCPUに代わり、Appleシリコンを初めて搭載したMacは、グラフィックス一体型のCPUを搭載し、AMD RadeonやNVIDIA GeForceのグラフィックスは搭載していない。IntelのCPUに内蔵されているグ...
M1チップ搭載MacBook Airのキーボード、見えてるのに「気付かない部分もアップデート」
新しく登場した3タイプのMacは、Intel製のCPUからAppleシリコンへと切り替えられて、新たな門出を迎えた。システムの大幅な見直しが図られたMacは、どうしても内部の機構に気を取られがちだが、キーボードを含む外側にも変更が加...

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x