私が iPhone 12 Proのカラーでシルバーを選んだ理由 / 本当はグラファイトかパシフィックブルーがほしかった


私が iPhone 12 Proのカラーでシルバーを選んだ理由 / 本当はグラファイトかパシフィックブルーがほしかった

Appleが、2020年モデルのハイスペックモデルとして発表したiPhone 12 ProやiPhone 12 Pro Maxは、4種類のカラーの中から仕上げを選択することが可能である。

おそらく人気色となるのは黒に近いグラファイトや、新しく登場したパシフィックブルーだろう。

しかし、私が最終的に選んだ色は、背面がホワイトで仕上げられたシルバーである。

悩んだのである。今回のiPhone 12 Proは、側面がステンレスの鏡面仕上げであり、ホワイトとの調和はどうなのだろうか。

2つの濃い色合いを採用したカラーは、側面のメッキ部分がダーククローム調に仕上げられているが、その反面でシルバーの側面は明るい鏡面である。明るい色合いの鏡面仕上げは、安っぽさが顔を覗かさないのだろうかと悩んだ。

しかし、今回はシルバー(ホワイト) を選択する結論に至った。

その理由は、MagSafeである。iPhone 12シリーズは、様々な新機能を内蔵して登場し、マグネットで装着する充電器MagSafeにも対応している。

私が iPhone 12 Proのカラーでシルバーを選んだ理由 / 本当はグラファイトかパシフィックブルーがほしかった

背面のワイヤレス充電部分に磁力で吸い付くように張り付いて充電を開始するMagSafeは、コネクタを挿さずに充電できるものとして重宝し、毎日使用することが想定できる。

そこで問題となるのは、傷なのである。アップルのロゴを囲うように丸く配置された磁石と、向きを指示するために下の方向へ伸びた磁石の存在。

毎日同じように充電を繰り返すデバイスは、その部分へ傷や汚れがつきやすい。

これはカバーを着けるから大丈夫という問題ではない。カバー自身にも傷や汚れ、部分的な光沢感が出てくる可能性がある。

MagSafe充電器、iPhone 12 Proに装着跡が残ると報告
Appleが今秋リリースしたiPhone 12シリーズ。この真新しいiPhoneに採用されたMagSafe充電機能について、予想通りの結果が公開された。MacRumorsのフォーラムにコメントを寄せたiPhone 12 Proユーザ...
iPhone 12 Pro、カラーを適正値に補正 / おそらく、実物はこんな感じ
Appleが今秋リリースしたiPhone 12シリーズ。その中でも人気が高いiPhone 12 Proを購入する際に気になるカラー。昨日紹介したiPhone 12 Proの開封動画を確認した周りからも、Appleが公式に公開している...

▼3.5年使用したiPhoneの傷

私が iPhone 12 Proのカラーでシルバーを選んだ理由 / 本当はグラファイトかパシフィックブルーがほしかった

いくらiPhoneのボディが傷に強いといっても日常生活でつく傷は少なからずあるもので、1年2年と使い込むうちに想定される円形の擦り傷は、将来的に私を悩ませる原因になるのではないかと考えた。

つまり、濃い色合いのボディは、MagSafeの張り付く部分の傷が目立ちやすく、ホワイトは目立ちづらいと判断した。

もちろん、自身が持つものである。気に入ったカラーを持つのがベストだと思う。しかし、長く愛用するものであれば、そうした問題を考慮した上でカラーを選択するということも、人によっては重要な要素である。もし、MagSafe充電器の導入を検討しているのであれば、カラーの検討するポイントの1つとして、将来的な傷の入り具合も考慮してみてはいかがだろう。

iPhone 12 Proの「グラファイトはこういう色」 / 12 Proのグラファイトと12のブルー動画が公開される
Appleが今秋リリースしたiPhone 12シリーズについて、早速動画が公開された。ボディ形状の確認や、カラーで悩んでいた人にとってはありがたい。今回、動画で iPhone 12 Pro グラファイトカラーの動画を公開したのは...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x