2020発売予定のiPhone12を3Dプリントしたモックが公開された


2020発売予定のiPhone12を3Dプリントしたモックが公開された

今年の秋頃に発売が予想されている新型iPhone12のモックアップが公開されている。公開したMac Otakara(Macお宝鑑定団Blog) によると、このモックは3Dプリントされた物とのことである。入手ルートは公にされていない。

動画を確認すると、iPhone12は通常の12が2機種、Proが2機種の合計4種類がラインナップされている。デザインはiPhone4や5を彷彿とする角張った物で、エッジの効いたデザインが帰ってくることを待ち望んでいた人にとっては嬉しい物だろう。

従来、電源ボタンの下側に配置されていたSIMトレイが音量ボタンの下側に移行され、これまでのSIMトレイ部分には、5Gのアンテナ(Qualcommの5G NR対応ミリ波アンテナモジュールQTM052など) が搭載される可能性とのことである。

2020発売予定のiPhone12を3Dプリントしたモックが公開された

以前紹介したAppleの情報をリークしているFudge氏(Twitter@choco_bit) によるツイートの通り、発売されるiPhone12はUSB-Cではなく、従来のライトニングポートが採用されている可能性が高まった。

動画では背面の映像も用意されて確認できる。カメラ部分には、iPad ProのLiDARスキャナーと同様の3DカメラがiPhoneにも搭載されると予想されていたが、残念なことに このモックを見る限りではLiDARスキャナーの搭載は見送られているようだ。

Apple iPhone12はUSB-Cではなくライトニングを継続して13からはポートレスの可能性
Appleの情報をリークしているFudge氏(Twitter@choco_bit) によると、USB-Cを採用したiPhone12のプロトタイプは生産に間に合わず、発売されるiPhoneにはライトニングポートが採用されているという。

Photo: Mac Otakara (YouTube)

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x