「iPhoneXに搭載されたFaceIDはどこまで使えるのか」使い倒した結果 “見えた1%の限界値”


スクリーンショット 2017 11 09 1 30 04

FaceID(フェイス・アイディ)は、アップルが新しいiPhone Xに搭載してきた先進の認証システムだ。従来型の指紋認証よりも素早く確実な顔認証は、iPhoneのロック解除から始まり、様々な購入に関する認証までもが全て顔パスで行える優れものだ。

重要な決済判断時にも対応できる強固な認証のFaceIDは、まさに顔の指紋照合と言っても過言ではないだろう。そんなFaceIDは一体どこまで使えて、どこがダメなのかをひたすら探った。使えない環境は存在するのか。様々な疑問を調べた結果を淡々と書き示そうと思う。

顔の登録

スクリーンショット 2017 11 09 1 36 232

FaceIDは、顔を立体的に登録することで、iPhoneの所有者をほぼ完璧に記憶する。この記憶は、使用するたびに成長をするため、年月で変化する形相にも対応するそうだ。

では自然体でいる際の真顔を撮影すればいいのかという疑問にぶち当たるのだが、何割かの確立でNGが出てしまう可能性を秘めた方が出てくるのが現状だ。そのNGの出る形相を持つ可能性が高い人物が、視力の弱い一部ユーザーとなる。
FaceIDの機能をフルに発揮する標準設定では、iPhoneを注視している必要がある。
多くのユーザーには「へ〜」で終わってしまう事だが、視力が弱く それが原因となり裸眼では目を細めてしまうユーザーにとっては死活問題になる可能性がある。誤った登録方法を行ってしまうと、FaceIDで登録した自分の顔が弾かれてしまう事態を招いてしまうのだ。高確率で6桁の暗証番号を要求されるほど苛立つことはないだろう。

何度か試した結果だが、裸眼では目を細めてしまうユーザーは、メガネやコンタクトを外した状態でFaceIDを登録することで、認証の際に弾かれるが少なくなる傾向を示した。
FaceIDの特徴として、目を細めると(注視していないと判断されて) 認証が通りづらく、目を大きく見開く分には何も問題は起こらなかった。もちろん常識的範囲内での見開きだ。

裸眼でも目を細めない訓練をすることで、FaceIDの認証にも問題が出ず、モテ度も上がるため、できるだけ目を細めない訓練を積むのも一つの手かもしれない。

認証できない環境

スクリーンショット 2017 11 09 1 36 23

先に紹介をした目を細めてしまう癖のある方を除くと、他に認証NGが出てしまうのは顔のたるみやマスクだった。
顔のたるみとは、重力の問題。人は常に重力には逆らえず、必ず下へ引っ張られる抵抗が生まれている。その重力で押し下げられる皮膚や肉の変形は、直立した状態や座った状態では それほど変化しないのだが、横になると顔は著しく変形をしてしまう。鏡を見ながらその変化を見るとよく理解できる。この変化にFaceIDは対応しきれず、横向きに寝た際に認証ができなくなるのだ。なお、仰向けやうつぶせの場合は、奥行きのバランスが平均して前後するだけのためか認証が成立した。

マスクを習慣的に着ける方や、横向きに寝る癖のある方は、その都度何かしらの対策を練らないといけない。

また、ごく希に光の加減でもFaceIDが使用できないことがあった。それが顔の真後ろにLED電球が赤々と光っている逆光の状態だ。輪郭の一部が潰れるような光を浴びた際に認証が不可となる時があった。ただし、この現象はそれほど多く確認ができなかったため、もしかすると私の目がディスプレイを注視していなかっただけか、LEDのフリッカー(目に見えないチラツキ現象) が影響しているのかもしれない。

FaceIDはいつでもつかえるのか

スクリーンショット 2017 11 09 1 40 50

最後になるが、FaceIDはバッテリー残量が1%を切ると動作しなくなる事が確認できた。顔認証機能は完全にシャットダウンし、全て手入力の暗証番号操作となった。
iPhoneXはバッテリー残量が2%を切った時点でギクシャクとした動きに変わり、おそらくこの時点から何かしらの処理装置が制御状態に入り始めるのだろう。

10%になった時点で表示されるバッテリーセーブ機能は使用していない。通常の使用状況下でその様な動作を起こす。

なお、FaceIDはバッテリーが0%の状態から充電で回復した際、一度 暗証番号を入力してiPhoneのロック解除をしない限り使用することができなかった。(FaceIDが立ち上がらなかった。)

まとめ

私の使用している状況下では、マスクと横向き以外は、ほぼ完璧に認識するFaceIDに感銘を受けた。ヘッドホンをしようが、タバコを口にくわえようが、そんなことは一切関係なく、何食わぬ顔で私の顔を読み取り ロック解除をし、私以外にはロック解除をしない機能。私にとってこれほど使い勝手がよく高いセキュリティの物はアップル至上存在しない。

指紋認証で再三にわたり弾かれてきた方や、育児にいそしむ主婦(主夫) の方にとって、FaceIDは正になくてはならない存在ではないだろうか。

iPhone X で Face ID を使う
Face ID なら、iPhone X のロック解除、購入時の認証、App へのサインインなど、すべて画面を覗き込むだけで安全に済ませることができます。
iPhone・iPadの設定
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
LINE@ではiPhoneの質問も受付中です。
[タカブロ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。