iPhone6S and iPhone6S PlusはNFCチップ搭載で電子マネーが使える予感 “スペース活用のためセルラーチップと一体化?”


ネタ元は9to5Mac。そのまま翻訳する。

iPhone6SとiPhone6S Plusの両方に新型NFCチップが搭載されている。

セルラーチップと一体化することで個別チップの必要性を減らし、安全にプロセッサを追加しています。

大幅に改善されたiPhoneのパフォーマンス。新しいクアルコムのチップのおかげでLTEダウンロード速度が格段に良くなるであろう。
クアルコムチップは消費電力を抑え、新しいiPhoneはiPhone5Sと比べて大幅にチップ数を削減し、バッテリー寿命を向上させています。

日本でも「電子マネーが使えない」という不満が多いiPhone。NFCチップが付けば完璧に近いかもしれない。

Appleの噂etc
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
LINE@ではiPhoneの質問も受付中です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
[タカブロ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。