NTT-WestのポイントをiTunesポイントに交換しようとしたら「契約回線を確認できない」と表示されて商品交換ができないときの対処方法

スクリーンショット 2017 03 16 17 46 57

NTT-West会員メニューからNTTのポイント交換で商品をもらおうとしたのに、契約回線認証画面が出てきて “契約回線を確認できないので交換できない” という内容の注意書が出てきた。もちろん契約回線で接続しているのに出てきたのだ。

これはNTT-West(NTT西日本)の会員ページで起こったことなので東日本では未確認。

私はフレッツ光を契約している。その関係でNTTには定期的にポイントが貯まり、そのポイントは様々な魅力的商品と交換できる。 

NTTのポイントを商品と交換してもらうには、以前ならNTTにログインをして交換商品を選び、決定ボタンを押せば数日から数週間で商品が手元に届いたのだが、iTunesポイントなどのポイント交換商品はセキュリティの問題からか最近は“回線認証” という措置をとるようになったようだ。

この回線認証というのがくせ者で、NTTからレンタルしているインターネットの機械に直接デバイス(MacやPC)を接続していないと認証エラーが出る場合がある。

NTTのポイント交換で出てくる同意画面

ポイント交換で何かしらのポイントに交換してもらおうとした際に出てくる認証画面がこれだ。

スクリーンショット 2017 03 16 17 51 23

回線認証の通知について

商品のポイント交換にあたり、ご契約の回線からのご利用かどうかの認証を実施します。以下の注意事項をご確認の上、「同意して次へ」よりお進みください。

【注意事項】

  • ご契約の回線からのご利用かどうかを確認するために、当該商品交換のお申し込みの都度、お客さまIDを弊社『CLUB NTT-West』に通知いただきます。(当該通知は、IPv6アドレスを用いた通信環境が可能な状態において、弊社からの要求に応じ自動的に実施されます)
  • 弊社では、本お申し込みにて通知される情報は、本お申し込みの認証のみに利用し、その他目的で利用することはございません。

「契約しているフレッツ光回線に接続しているから問題ない。」と思い、次に進むと“契約回線ではない” と言われてしまうことがある。

ただ ここで挫折はできない。NTTから付与されるポイントの額が、私の場合 1年で6,000ポイントもあるからだ。数百ポイントなら挫折してもいいかもしれないが、6,000ポイントと言えば、1ポイント1円としてiTunesポイントだと6,000円分にもなる。今から何をダウンロードしようかとワクワクしている矢先に、このトラブルが出ると本当にイラッとしてしまう。

私がNTTのポイント交換で“契約回線ではない” と言われたときにとった方法

我が家の接続方法は、NTTからレンタルしているインターネットの黒い機械に市販のWi-Fiルーターを接続し、無線でインターネットができるようにしている。
おそらくこの方法でインターネットに接続している方が、一番多いのではないだろうか。
同じ接続方法の方なら これから紹介する方法で認証を通過することができるはずだ。

私が行った設定はただひとつ。Wi-Fiルーターの裏側辺りにある切り替えスイッチを確認し、ルーター機能からブリッジモードへ切り替えただけだ。

1

専門家ではないので、切り替えの詳細については説明書をご確認いただきたいが、バッファローやNECの場合、次の2通りで解決する。説明書がどうしても見当たらない場合は下記を参考にしていただきたい。ただ、あくまでも素人の操作方法なので目安として確認し、操作は自己責任でお願いしたい。
NECのWi-Fiルーターは裏を覗けば「RT」、「BR」、「CNV」という切り替えスイッチがある可能性が高い。切り替えスイッチが見つかったらWi-Fiルーターの電源を抜いて、スイッチを「BR」に切り替えて、コンセントを差し込み、Wi-Fiルーターが完全に立ち上がるのを1〜2分待つ。
バッファローはこの切り替えスイッチが付いていなかったと思うので、もし切り替えスイッチが付いていない場合は、「Router」というボタンの存在を確認し、ある場合は それをオフにすると同じようにブリッジモードになるはずだ。
※メーカーサイトで説明書をダウンロードすることができるメーカーもあるので、不安な方はメーカー公式サイトも確認していただければと思う。

ルーター機能とは、Wi-Fiルーターでインターネットに接続する端末(PCなど)を制御している状態。「無線でインターネットに接続したいから、NTTの機械に市販のWi-Fiルーターを接続した。Wi-Fiのパスワードを打ち込むだけで、何も設定せずに繋がった。」という方は、ブリッジ接続に変更して何も問題ない。
ブリッジとは日本語で言えば“橋” 。インターネットを接続するために、NTTの機械へ電波の橋を架けてデーターを渡すだけの仕事をするモードをいう。 

もしルーター機能を切っても解決しなかった場合

NTTからレンタルしている機械にLANケーブルを使い、直接有線接続してインターネットに繋いでみよう。年に一度ポイントを交換するだけならこの方法も手っ取り早く有功だ。

Wi-Fiルーターが接続先を保存し接続している場合は他の原因が考えられるので、もし近くに詳しい方がおられないのであれば、直接NTTに問い合わせをすることをお勧めする。

余談だが、NTTではiTunesカードやAppカードを発行するのではなく、直接コードを受け取れるようになっている。
もしNTTポイントをiTunesポイントと交換する際は、コードが出てくるのでメモを取るように心がけたい。一応メールでもコードが送られてくる仕様だが、何らかの不具合でメールが届かないこともあるだろう。メモをするに越したことはない。

公式キャラクターの「ナビットさん」がNTT西日本のフレッツ光公式サイトをご案内いたします。
MacのAppStoreにiTunesコードを入力して“iTunes Card/コードを使う” ボタンを押したのに何の反応もなく先に進まな...
スポンサーリンク
みんなにシェアする
SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク