2023年iPhone、ペリスコープ望遠カメラ搭載で特許問題勃発か


2023年iPhone、ペリスコープ望遠カメラ搭載で特許問題勃発か

Appleは、2023年モデルのiPhoneに、非常に優れた望遠レンズとしてペリスコープを採用する可能性がある。

The Elecは、これまでにも2022年モデルのiPhoneにペリスコープを搭載するとの情報を報じていたが、今回も再び2023年モデルのiPhoneに搭載と伝えた。情報源は、匿名の情報筋によるものである。

情報によると、ペリスコープは、SamsungのサプライチェーンであるJahwa Electronicsへ商談を持ちかけており、今後AppleはSamsungとの特許問題を引き起こす可能性がある。

ペリスコープは、Samsungが要となる要素を特許として持ち合わせており、サプライヤーから供給を受けたとしてもSamsungに特許料の支払いを余儀なくされる可能性がある。

製造は、アクチュエーターやレンズなどの部品の供給をSamsungの子会社であるElectro-Mechanicsから受け、LGが組み立てを行うと報じられている。

ただし、Appleは、ペリスコープに関する特許として、折り畳み望遠カメラレンズシステムの特許を取得しており、自社でペリスコープの研究を進めている可能性もある。そのため、もしかすると、Samsungの特許を必要としないペリスコープの開発が完了している可能性も否めない。

Apple、2022年発売のiPhone「超望遠カメラを搭載」する可能性
Appleは、2022年に発売を予定するiPhoneにペリスコープズームを採用した超望遠カメラを搭載する可能性がある。Ming-Chi Kuo氏の新しいレポートによると、レンズサプライヤーである韓国のSemcoと中国のSunny Opt...
iPhone 2021年と2022年、「カメラレンズの性能」段階的に引き上げか / Face IDのレンズにも変化
Appleは、2021年と2022年のiPhoneに、性能の熟成を追い求めるようだ。その求める熟成は、被写体を捉えるカメラレンズに焦点が向けられているようで、2年という長い年月を掛けて段階的に性能が引き上げられる可能性がある。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x