iPhone SE、2023年モデルでノッチを消滅の可能性


iPhone SE、2023年モデルでノッチを消滅の可能性

Appleは、iPhone SE後継モデルを2022年と2023年に発売する方向で計画を進めている可能性がある。

ディスプレイアナリストのRoss Young氏は、次期iPhoneに搭載の液晶ディスプレイについて触れた。

Young氏が触れたモデル名は、iPhone SE。2022年と2023年に、2タイプのSEの登場を示唆する内容で、2022モデルからはサブ6の電波を利用した5Gネットワークに対応する可能性もあるとのこと。

公開されたディスプレイの情報を確認すると、2022年に登場するモデルに関しては、現在と同様に4.7インチのサイズを有するデバイスで、ぱっと見の印象は代わり映えしない可能性がある。続いて2023年に登場するモデルは、画面上部のカメラなどが収まるノッチ部分が廃止され、パンチングホールデザインのバージョンが登場する。

パンチングホールデザインに関しては、以前iPhone 14の予測でも同様の情報があったため、もしかするとAppleは全モデルからノッチを廃止する方向で動いているのかもしれない。全モデルを刷新する理由については、おそらくシステムの統一に問題が出るか、生産時の共有部品などが関係しているのだろう。

ノッチを排除した2023年モデルは、2022年モデルの4.7インチから一気にサイズアップが施され、2020年モデルのiPhone 12やiPhone 12 Proと同じ6.1インチのサイズが与えられて登場するようだ。

あくまで情報のため、今後の展開次第では計画が変更になる可能性も否めないが、Young氏から得られる情報には一定の正確性があるため、可能性としては高いように感じる。

iPhone 14、画面上部のノッチ廃止 パンチングホール採用か
Appleが2022年の発表に向けて開発を模索するiPhoneは、ディスプレイ面に新しい仕様を盛り込む可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、次世代のiPhoneにはパンチングホールディスプレイデザインが採用さ...
iPhone SE3、5G対応など要所要所のチューンに留まる可能性
iPhone SEの第3世代は、各所をアップグレードして登場する可能性がある。ただし、その仕様変更は、iPhoneを使用する上で不便を感じないようなパワーアップが施されるもので、特筆して“最新” が詰め込まれたパッケージングにはなり...

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x