未発売のiMacが「App使用履歴に」 / 2021 iMac、Apple開発者がテストか


Appleが発表をしていないiMacの使用ログが発見された。発見されたログは、不運にもAppのクラッシュレポートとして記録されたものである。

未発売のiMacが「App使用履歴に」 / 2021 iMac、Apple開発者がテストか

このレポートが発見されたAppはDaftCloud。DaftCloudは、音楽共有サービスのSoundCloudをMac上に開くためのAppである。

DraftCloud開発者のDennis Oberhoffは、App開発環境のXcodeでDraftCloudに起きたクラッシュレポートを確認。そこに表示されたユーザーの使用環境には目を疑うような真実が表示されており、思わず9to5MacTwitterに公開したようだ。

公開されたクラッシュレポートを確認すると、問題を起こしたデバイスはiMac。注目すべき点は、ログのCode Typeに示されたARM-64の文字である。ARM-64とは、ARMのアーキテクチャを用いた64bit機を意味するもの。

未発売のiMacが「App使用履歴に」 / 2021 iMac、Apple開発者がテストか

現在販売されているiMacには存在しないシステムを搭載したモデルが、Appを利用してクラッシュを起こしたことになる。

Appleがこれからリリースする新型Macには、処理装置の変更が行われ、Intel製のものから自社製のAppleシリコンへ切り替えられる。iMacに関しては、現時点でAppleシリコンを搭載したモデルの販売はされておらず、2021年モデルとして登場の可能性があるiMacにAppleシリコンの搭載が見込まれている。

BloombergのMark Gurman氏(Twitter: @markgurman) によると、新型のiMacはデザインを刷新し、ディスプレイ下部に設けられた金属部分が省略されることを伝えている。

処理装置は、2020年モデルのMacに搭載のM1チップをベースに、アップグレードが施されたモデルが採用される可能性がある。ベンチマークのCPU Monkeyには、Appleが未発表のM1Xチップをテストした結果が公開されている。

2021年、次期 iMacは「アゴがなくなる?」 / Pro DisplayXDRのデザインがベースか
Appleは、2021年にフルフラット化を果たしたiMacをリリースする可能性がある。ディスプレイ内部にMacの機構を詰め込んだiMacは、現在のモデルが登場して9年の歳月が流れた。
2021年モデル、9月に発表か「MacBook Pro 14、MacBook Pro 16、iMac 27」 / M1X、プレサンプルの詳細が明らかに
Appleは、2021年モデルのMacとして、MacBook Pro 14、MacBook Pro 16、iMac 27の発売を行う可能性がある。搭載される処理装置はAppleシリコンで、モデル名はM1Xチップ。CPU Monkeyに試...
‎DaftCloud for SoundCloud
‎DaftCloud is a wonderfully designed macOS App for SoundCloud. Dive into SoundCloud and enjoy fresh tunes right on your desktop. Question? Email daftcloud@obrh...
Stream and listen to music online for free with SoundCloud
Discover and play over 265 million music tracks. Join the world’s largest online community of artists, bands, DJs, and audio creators.

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x