MacBook Pro、2021年モデルで「SDカードスロット復活か」 / 5G搭載の可能性も


Appleは、次期MacBook Proに、SDカードスロットを復活させる可能性がある。

MacBook Pro、2021年モデルで「SDカードスロット復活か」 / 5G搭載の可能性も

BloombergのMark Gurman氏によると、次期MacBook Proは、主要な機能の見直しが図られ、システム全体を大幅に刷新する。

 

そして、その改修項目には、新たに導入が検討されているものもあれば、これまでに導入の実績があるものも候補として挙げられており、廃止された機能の復活が見込まれている。

それが、SDカードスロットである。Gurman氏は、数年前に廃止されたSDカードスロットについて、Appleが再導入を計画していることを明かした。

MacノートがSDカードスロットルを搭載していたのは、2015年モデルが最終。側面に設けられたポート群の中に鎮座する横長のポートを記憶に残す人は多いのではないだろうか。

次期MacBook Proは、大幅なリニューアルとして、キーボードからはTouch Barの廃止や、フラットエッジのデザインなど、様々な設計の見直しが施される予定である。

また、新しいMacBook Proの開発(イテレーション) には、セルラー接続を可能にするアンテナも搭載が見込まれており、存分に使い込めるパワフルなマシンが近々お目見えするかもしれない。

ただし、セルラーに関しては、2021年モデルに搭載されるとは限らず、2022年以降の採用となる可能性がある。もし搭載されるのであれば、5Gネットワークに対応したものだろう。現在のところ、この辺りについての詳しい情報はない。

おそらく、セルラーモデルのMacBook Proは、2021年モデルのiPhoneが発売されて、それ以降に登場すると推測している。

その理由は、Appleがミリ波アンテナに拘りを見せ始めたことがポイントである。現在販売されている5G対応のiPhone 12シリーズは、大半がサブ6という電波を使用した5Gネットワークに対応しており、サブ6よりも高速で通信が可能なミリ波の5G iPhoneは、限定的な生産がなされている。

Appleは、2021年モデルのiPhoneをミリ波の高速5Gネットワークに対応させるため、ミリ波アンテナの供給を担うサプライヤーを増やした。

新たに加わったサプライヤーは、台湾のQiqiである。そして、この会社が得意としている分野は、ノートパソコンに内蔵するアンテナなのである。

世界シェア35%を誇るQiqiのアンテナは、大半がWistron社のOEMノートパソコンに内蔵されている。Wistron社は、元を辿ればAcerの製造部門。

現段階で考えられる可能性として、内蔵アンテナの注文は、iPhone用を優先事項としているはずで、開発と供給、進展状況のバランスを考えると、5G内臓のMacBook Proを発売する時期は、早くても2022年の第3四半期のように感じている。

2021年のMacBook Pro、マイナーアップデートに留まる可能性 / MagSafe、USB-C 4ポート、Mini LEDディスプレイ
Appleが2021年モデルとしてリリースする見込みのMacBook Proは、全体的な性能を見直したマイナーアップデートに留まる可能性がある。本日、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、まったく新しいデザインのMacBook ...
Apple、2021年後半「新型MacBook Pro」発表か / iPhone 12のようなデザイン
Appleは、MacBook Proのリニューアルを2021年の後半に予定している可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2021年の第3四半期に、まったく新しいデザインのMacBook Proが発売されると予測した...
iPhone 13、日本でもミリ波の高速5Gネットワーク対応か / 将来MacBook Proが5G対応の可能性
Appleが2021年モデルとして発売予定のiPhone 13シリーズは、多くの国で高速な5Gネットワークに対応したモデルとして登場する可能性がある。2020年モデルとして登場したiPhone 12シリーズは、世界の電波状況を考慮し...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x