テレワークの影響か Apple、MacBookの売り上げが20%増加


テレワークの影響か Apple、MacBookの売り上げが20%増加

Appleは、MacBookの第3四半期の売上高が昨年と比較して20%増加しており、2020年の第3四半期もその傾向が続くと予測されている。

DigiTimesは、ダイオードをAppleに供給する台湾のメーカーは、MacBookやそのほかのMacノートに大幅な需要を見込んでいると伝えた。

Macノートの販売台数は、日本とアジア太平洋地域向けの関連製品の出荷台数が過去最高を記録しているようだ。

Appleが今後リリースする予定のデバイスに詰め込もうとしているA14X Bionicプロセッサは、正気の沙汰とは思えない超ハイパフォーマンスを発揮する可能性があり、Macの売り上げは今以上に上がる可能性は高い。

ダイオードメーカーは、今後リリースされる見込みのiPhone 12シリーズにも触れており、次世代のiPhoneデバイスに関する出荷は、現在のところ強化されておらず、旧世代のiPhone向けダイオードを出荷していると伝えている。

Appleは2020年第3四半期の決算説明会で、2020年のデバイス供給は、予測では数週間遅れると伝えており、情報の足並みが揃いつつある。

iPhone 12シリーズでは、標準グレードとなるiPhone 12とiPhone 12 MAXが5.4インチと6.1インチ、高性能モデルとなるiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MAXは6.1インチと6.7インチが発売される見込みである。

Apple MacBook (Macノート)
Apple(アップル)
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x