iPhone7Sが出る前に“iPhone8コンセプト モデルの動画” が公開された


1

全面をディスプレイで覆い尽くしたiPhone8コンセプトの動画が公開された。

iPhone8が登場する時期は、iPhoneが登場して ちょうど10周年記念になるBIGイベントが想定される年。その年にAppleはもしかすると革新的なiPhoneを登場させる可能性が出てきた。

それがThadeu Brandãoのショーアップした“画面が全体を覆う”ように配置されたiPhone8。

2

ラウンドした金属フレームに収まる全面ガラス。ホームボタンを含め、全てがディスプレイとして活用できる領域になる。今までのホームボタンはそれ以外の役目を果たすことはできなかったが、MacBook Proに採用されたTouchBarの様な技術を採用することで、ボタン部分やボタンの周辺も画面になっているため、固有のボタン以外に“今必要とされる”ボタンを表示できるようになるというコンセプトだ。

従来画面のフレームとして与えていた部分までをも画面として使えるようになると言うことは、iPhone自体の大きさを変えずに より多くの情報を的確に操作し閲覧できるようになる。

Appleの噂etc
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
LINE@ではiPhoneの質問も受付中です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
[タカブロ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。