MacBook Airは生産終了? 変わってMacBook Proは“Amazing!! モンスター マシン”として 2016年秋に登場 (かも)


1

アップルに関する“とある噂”がささやかれている。それは“MacBook Airの生産ライン終了”。

MacBook Airが登場した当初はラップトップの革新的な存在となり、世界中で愛されるモバイルノートとなったAir。それがMacBookの登場で消え去ろうとしている。

MacBook Airは2015年早々にカスタマイズの依頼を受けなくなったそう。デザインに関しても2010年以来変更がない。これほど長い間、店頭で取り扱われているメインのハードもなかなか珍しい。惜しまれつつの引退になりそうである。

「そろそろか。」とささやかれ続けているMacBook Proに関しては、よりなめらかで、より薄く、よりポータブルなデザインに変更されて“この秋に”登場する可能性が非常に大きいそうだ。

Mac OS シエラとCPUにはSlylakeを搭載し、それ以外ではSiriに対応、タッチIDやNFCチップの搭載で非接触チャージなどにも対応するらしい。キーボードも革新的な変更がある可能性が非常に高まっている。
まさにMacノート史上最高のアメイジングマシンになる予感。