iPhoneのホームボタンを2回タップすると画面が降りてくる機能をオフにする


ホームボタンを2回タップすることで、画面が下に降りてきてくれて片手でも操作できる便利な機能がiPhoneには備わっています。

iPhoneを使用する女性の方と何人かお話しする機会があり、皆ではありませんが数人の方が口を揃えて言った言葉が、「いつの間にか画面が半分になってる。あれの意味が分からない。何のための機能。」という疑問。

まさしくこの機能の事です。

これ実はオフにできるんですよ。

私の個人的な意見はiPhone6Sに機種変をしてから、画面の上の方に指が届かず困っていたので、この機能を見つけたときは「画面が降りてきてくれて、片手で操作できるのは便利!」と思っていた機能ですが、まさかそういう考え方もあるのか…と、何か関心をさせられた会話でした。

片手で画面の端まで指が届かない時にはとても便利な機能ですが、使い道のない方はオフにしてしまった方が利便性が上がることもありますね。不要な機能はカットすることで電力も少なくて済むので、バッテリーの持ちも良くなります。

設定 > 一般 アクセシビリティ > 簡易アクセス

この機能をオフにすると、不意に画面が下がってきて不快な思いをすることもありません。

その上の項目に「ホームボタン」というのがあります。ここでホームボタンのダブルタップやトリプルタップの間隔を遅くすることもできます。

iPhone・iPadの設定
このページをシェアする
タカブロをフォローする
LINE@ではiPhoneの質問も受付中です。
[タカブロ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。