Amazon、評価がいい商品に「偽物が届いたというレビュー」も付く理由 / Amazonで安全に購入する方法


Amazon、評価がいい商品に「偽物が届いたというレビュー」も付く理由 / Amazonで安全に購入する方法

Amazonの商品を見ていると、非常に評価がいい商品にも関わらず、偽物が届いたというレビューを見かけることがある。

この理由は、Amazonの販売システムが引き起こす1つの問題である。

Amazonは、1つの商品ページに複数の出品者が軒を連ねる形の販売形態をとっており、これが非常に使い勝手のいいシステムなのだが、その出品者は全員安全とは限らないのである。

商品ページには、「今すぐ購入」や「かごに入れる」ボタンが大きく配置されているため、購入者は必然的に購入ボタンへ目が行きがちだ。しかし、ページ内をよく見ると、「この商品は●●により販売・配送されます」のような記載を見つけることができる。

商品ページに、複数の出品者が軒を連ねている場合、その付近をよく見てみると「新品(●)点:¥●●● 無料翌日配送」のような表記を見つけることができる。そして、偽物を販売する業者は、その中に紛れている可能性がある。

販売元が1つのページを共有することは、購入者からすれば商品を見つけることを簡単にするが、悪意を持つ販売者を紛れ込ませることも容易にしてしまうのである。その結果が、希にレビューにつく偽物の文字。

Amazonは、偽物を提供する販売者に手をこまねいているわけではなく、安全を確保するために様々な対策をとって常に動いている。しかし、本物と見間違えるほどの偽物が監視の目をくぐり抜けたり、監視の合間を突いて売れてしまったりした商品も少なからず存在する可能性がある。偽物が届いたというレビューが一定数存在する理由である。

私がAmazonで商品を購入する場合、間違いのない商品を間違いなく受け取るために見ている部分は、販売元と出荷元の情報と、販売元に着けられた評価である。Amazon.co.jpが販売する商品に関してはAmazonが出荷も担うが、Amazonが出荷を担う商品であっても別の業者がAmazon倉庫に発送を託しているケースも存在する。もちろん、販売と出荷にAmazonが携わらないケースも存在している。

インターネットで商品を購入することに慣れていない人であれば、確実な方法として「Amazon.co.jpが販売します」の文字を確認してから購入することをお奨めしたい。一番確実である。

なお、その商品をAmazonが販売していない場合、メーカー(ブランド) が直営として出品者登録をしているケースや、実店舗でも馴染みのあるショップが軒を連ねているときもあるので、出品者の一覧から探してみてはいかがだろう。商品と出品者につけられたレビューを確かめることが安全な買い物に繋がるため、Amazon.co.jp以外の販売者から商品を購入する場合には、商品と出品者につけられた評価の閲覧は必ず行うように心掛けたい。

ライフスタイル
このページをシェアする
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x