ProDisplay XDRのキャリブレーションに必要な機械 / ProDisplay XDRがキャリブレーションに対応


ProDisplay XDRのキャリブレーションに必要な機械 / ProDisplay XDRがキャリブレーションに対応

Appleは、ProDisplay XDRの新しいファームウェア4.2.30の提供を開始した。

今回のアップデートで注目すべき点は、ユーザー自身がディスプレイの再キャリブレーションを行えるように、機能が追加されたこと。

キャリブレーションは、おおよそ2000時間に一度実行することで、ディスプレイの劣化を補正し、性能を適切な値に微調整する機能である。

2019年12月にリリースされたProDisplay XDRは、そろそろ再キャリブレーション調整を必要とする時期を迎えており、今後の心配が一つ消えたユーザーも少なくない。

ProDisplay XDRのキャリブレーションが動作する環境を整えるには、ProDisplay XDRのファームウェアを4.2.30以降にアップデートすることと、macOS Catalina 10.15.6以降で動作しているMacに接続することである。

キャリブレーションを実行するには、「システム環境設定」から「ディスプレイ」を選び、「プリセット」をクリックして「補正を微調整」を選択するのみ。

ただし、ここで注意したい点は、キャリブレーションを行うには、Appleがサポートするマルチ分光放射輝度計が必要ということである。

ProDisplay XDRのキャリブレーションを実行するには、PhotoResearchのSpectraScan PR-740、PR-745、PR-788や、Colorimetry Research CR-300のいずれかを用意する必要がある。

何かをお察しの方に向けて、下にAmazonと楽天市場でPR-740を検索した結果を用意したので、もしよければご確認いただければと思う。

「Amazon」を検索した結果はこちら

「楽天市場」を検索した結果はこちら

考える時間は非常に長いものである。よければ、検索結果を表示したリンク先からチョコレートやウイスキーなど、嗜好に合うものをポチってみてはいかがだろう。

Apple Pro Display XDR のファームウェアアップデートの新機能
Pro Display XDR の最新のファームウェアアップデートであるディスプレイファームウェア 4.2.30 の変更点や新機能についてご説明します。
MacでPro Display XDRの補正を微調整する
MacでPro Display XDRのホワイトポイントと輝度を微調整できます。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x