ホント?「 iPhoneの充電が “10%早くなる”」理由 / Amazon限定ブランド CLIENA ワイヤレス充電器 Qi認証


ホント?「 iPhoneの充電が “10%早くなる”」理由 / Amazon限定ブランド CLIENA ワイヤレス充電器 Qi認証

Amazon限定のブランドCLIENAは、iPhoneを置くだけで充電が可能なワイヤレス充電器を発売した。

その厚みはわずか6.4mmと非常に薄型で、シンプルな見た目と周囲を取り巻く青色のインジケーターが非常に美しい。コンパクトな設計は、持ち歩いても邪魔にならない大きさで、出張の多い人にとっても重宝しそうな仕上がりである。

ホント?「 iPhoneの充電が “10%早くなる”」理由 / Amazon限定ブランド CLIENA ワイヤレス充電器 Qi認証

魅力的なデバイスの登場に興味をそそられて説明や謳い文句を見ていると、「iPhoneへは従来のワイヤレス充電器に比べ、充電スピードが約10%高速化した7.5W出力充電が可能です。」という文言を見つけることができる。

どういうことなのだろうか。少なからず知識を持つ私でさえ一瞬様々なことが脳内を駆け巡った。これまで充電器を意識することがあまりなかった人にとっては余計に言葉足らずで、場合によっては一言多く、悪い方向に考えると誤認を招きかねない。

おそらく親切で書き足した一言が迷いの原因だろう。そこで少し説明を付け加えて解説しようと思う。

ホント?「 iPhoneの充電が “10%早くなる”」理由 / Amazon限定ブランド CLIENA ワイヤレス充電器 Qi認証

ワイヤレス充電器に対応したiPhoneをワイヤレスで充電するには、通常5Wの電力を必要とする。しかし、iPhoneはW数の大きい電力で急速充を行うことも可能である。その最大値は7.5W。

つまり5Wのワイヤレス充電よりも7.5Wの充電器の方が早く充電できる。これを数値化したものが、10%の高速化となる訳だ。

ただ、ここで末が合わないことが発生する。5Wと7.5Wの違いを単純に計算すると、約35%高速化につながる可能性が考えられる。5Wと7.5Wの差。そうではないだろうか。

この矛盾は、効率の問題が関係している。Lightningケーブルを使用した有線接続でデバイスを直接充電する場合とは異なり、ワイヤレス充電はポートにケーブルを射し込む手間もなく、置くだけで充電が行われる。この充電方式は、従来の有線接続と比べて熱の発生が大きく、冷却時間が生まれる可能性があるのだ。

ホント?「 iPhoneの充電が “10%早くなる”」理由 / Amazon限定ブランド CLIENA ワイヤレス充電器 Qi認証

加熱されたiPhoneや充電器は、故障や発火などが起こらないように、安全策として温度が下がるまで充電の停止を行う。そのロス時間やその他の要因を充電時間の一部として考慮すると、充電時間の短縮は10%。もちろん、この数値は高温の室内など、悪条件で計測したデータが元になっているはずである。

それよりも早く充電が完了したからといって文句をいう人は少ないが、それよりも充電が遅いと様々な問題となるケースがあるため、かなりのマージンを取っているのではないだろうか。

CLIENA ワイヤレス充電器は、最大で10Wの急速充電に対応している。iPhoneの急速充電は7.5Wであるが、充電器が最大値を把握して供給量を調整するので、その辺りも心配する必要はない。

ホント?「 iPhoneの充電が “10%早くなる”」理由 / Amazon限定ブランド CLIENA ワイヤレス充電器 Qi認証

Amazon限定ブランドとして、Amazonが推している商品である。スタイリッシュかつ無難なワイヤレス充電器を探しているのであれば、一度試してみる価値はありそうだ。値段も魅力的である。

ちなみに、2020年9月1日に販売価格1,500円で登録された商品は、9月5日の昼頃から1,480円と、魅力的な価格変更が行われて値下げ販売されている。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x