Apple、AirPodsとApple Watchの充電サイクルを最適化


Apple、AirPodsとApple Watchの充電サイクルを最適化

Appleは、iOS 14とwatchOS 7で、AirPodsとApple Watchの充電機能を最適化する予定である。この設定は、watchOS 7のベータ版に既に追加されている。

充電の最適化を行うことで、バッテリーの劣化を減らすことができる。これは、既にiPhoneに実装されている「最適化されたバッテリー充電」システムと同様のもののようだ。

充電システムが、ユーザーに代わり適切な充電方法を提供するため、ユーザーは充電に気を取られることがなくなる。充電を開始すれば、あとは満充電を気にすることなく好きなように過ごせるメリットは大きい。

システムの内容は、満充電となる時間をできるだけ抑えるように働きかけるものとなっている。バッテリーの劣化を抑えるために、毎日の充電ルーティンを学習し、使用するまでの間80%の充電量に抑えるもので、再び使用するときには、充電は100%となっている。

また、この充電システムは、現iOS 14では設定が組み込まれていないが、iPhoneのそれと同じように、必要に応じて設定をオフにできるようになるはずである。

アップル公認!iPhoneの遅い充電を早くする設定と方法
iPhoneを使っていると、不意に訪れるバッテリーの残量問題。焦っていればいるほど、iPhoneの充電が遅く感じてしまう。困ったことに、そんなもどかしい場面は年々数が増え、「あと少しで出かけないといけないのに充電が少ない。」時や、「大切な...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x