アップル公認!iPhoneの遅い充電を早くする設定と方法


【Apple公認】iPhoneのデチューンされた遅い充電速度を早くする設定と方法

iPhoneを使っていると、不意に訪れるバッテリーの残量問題。焦っていればいるほど、iPhoneの充電が遅く感じてしまう。困ったことに、そんなもどかしい場面は年々数が増え、「あと少しで出かけないといけないのに充電が少ない。」時や、「大切な電話がかかってくるのに充電が…。」といった不安に駆られることがある。iPhoneを少しでも早く充電しておきたい。こうした突然訪れる電池残量の問題は、誰しもが経験する人生の一コマだろう。

そんな時に役立つ方法が2つ存在するのである。これは、アップルが公式に認めている充電のパワーアップ方法だ。つまりアップルは、あえてiPhoneの充電を遅くするデチューン制御を加えている。iPhoneを充電したはずが充電できていなかったり、他で使いすぎて必要な時に残量が残りわずかだったりする時の前知識としてご覧いただければ、心の余裕が全く変わる。是非とも参考にご覧いただければと思う。

さて、アップルが公認している方法とは、iPhoneの設定を操作して変更する方法と、物理的に早い充電器を使う方法の2種類からなる。新しいiPhoneでなくとも、最新のiOS(iPhoneやiPadのシステム) にアップデートさえしていれば使えるのは有り難い。

iPhoneの充電速度を最優先させる方法

iPhoneの充電速度を最優先させる方法

iPhoneの充電が遅いと感じる原因は、気持ちの問題だけではない。実は、バッテリーの劣化を軽減する目的で、iPhone自体が満充電になるタイミングの制御を行っているのだ。

正確には、iPhoneの持ち主が毎日行う充電操作のファイリングである。日々どのように充電を行っているのかを学習して、次回iPhoneを使用する直前までは充電を80%までにとどめている。そして、“そろそろ使い始める時間帯だな” という頃合いを見計らってフル充電にする設定が組み込まれているのだ。

バッテリーの劣化は、取り分け充電方法が不適切な場合に進行してしまう。例えば、就寝前にiPhoneの充電を開始させて、起床とともに充電器から取り外すような充電放置である。こうした充電方法は、バッテリーにとっては とても劣悪な環境なのだ。

毎日忙しい日々の中で、この様な使い方になってしまう方は少なくはないだろう。私もその一人である。できる事ならば、充電が完了したiPhoneは早々に充電器から離すべきだが、これがまた難しい。

そこで登場するのが「最適化されたバッテリー充電」システムである。iPhoneの学習する充電システムが、ユーザーに代わり適切な充電方法を提供してくれる。ユーザーは充電に気を取られる事なく、好きなように過ごせるメリットは大きい。

早く充電が終わらせられることばかりが持てはやされる時代に、同じ端末をわずかでも長く使えるように工夫されたシステムは素晴らしいものだ。しかし、急いでいる時は、この最適化されたシステムが厄介である。いつ終わるのかも分からない充電を待ち続けるのは苦痛でしかない。

そこで、このシステム設定をオフにしてしまう。

iPhoneの「設定」を長押しする

IMG 1470

iPhoneのホーム画面から「設定」のアイコンを見つけて長押しする。

設定のメニューから「バッテリー」をタップする

iPhoneの設定を長押しすると出てくるメニュー

設定のアイコンを長押しするとショートカットメニューが表示される。その中にある「バッテリー」をタップして先に進む。

このメニューに表示されている「バッテリー」は、従来通り設定アイコンをタップして表示される設定のメニューと同じ内容だ。「設定」内にある「バッテリー」を開いても同じ設定画面が出てくるので、興味のある方は順に追っていただいても構わない。

バッテリーの状態を開く

iPhoneの「バッテリーの状態」を開く

「バッテリー」の設定にある「バッテリーの状態」をタップする。

「最適化されたバッテリー充電」をオフにする

iPhoneの「最適化されたバッテリー充電」

「最適化されたバッテリー充電」帯の右端に配置されているボタンをタップしてオフにする。

オフにする方法を選択する

iPhoneの最適化されたバッテリー充電を明日までオフにする

最適化されたバッテリー充電は、2種類のオフから選択することができる。完全にオフにする場合は「オフにする」を選び、翌日から“最適化されたバッテリー充電” を自動でオンにする場合は「明日までオフにする」をタップする。

どちらを選択するかで迷っているのであれば、“明日までオフにする” をお勧めしたい。バッテリーの劣化を設定次第で遅らせられるのであれば、お財布にも環境にも幾分優しいからだ。ご自身で充電を意識的にコントロールできる方以外は、何らかの理由がない限り、オンの状態をキープするに越したことはないようにも思う。

iPhoneにApple純正の急速充電器を使う

iPhoneにApple純正の急速充電器を使う

iPhoneの充電システムは、iPhoneの充電器よりも電力を多く提供できるiPadの充電器に対応している。流れる電力が多ければ、充電が完了する時間も早まる。いわゆる急速充電という方法である。予め購入しておく必要はあるが、持っていて損はない充電器だ。

充電器は社外品も数多く出回っているが、できる事ならばアップル純正の充電器をオススメしたい。充電器の金額をケチったが為に、iPhoneに異常が出たら元も子もないだろう。耐久性を含めたリスク回避としての提案である。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,949(2020/02/23 09:03:14時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonの商品ページは、1つの商品ページに複数の出店者がカートを構えている。アップルの製品に関しては、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と記載されているカートボタン(カートに入れる) から購入した方が賢明のようだ。アップルの製品は、希に模造品を販売する業者もおり、商品レビューを見ていると、それに引っかかった方がいたためである。直接“Amazon.co.jp が販売” する商品に関しては、仕入れからAmazon自信が行っているので問題ないはずだ。

iPhone・iPadの設定
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
LINE@ではiPhoneの質問も受付中です。
[タカブロ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。