来年発売のiPhone13か?画面上部にカメラ専有部がないiPhoneが公開される


来年発売のiPhone13か?画面上部にカメラ専有部がないiPhoneが公開される

Appleが2021年に発売を予定して開発しているiPhoneの可能性があるモックアップが公開された。注目点は、画面の一部分を専有している“はず” のカメラ搭載部分が存在しないことである。

Macお宝鑑定団Blogが、Alibabaからの情報を元に3Dプリントしたモックアップを公開した。確かな情報元であるため、これが現実味を帯びたプロトタイプ、或いは複数あるであろう提案の1つである可能性は高い。

Appleは、今までに美しい性能を現実にしてきた。長年にわたるアップグレードで、前面をほぼ画面にすることにも成功しており、次の段階として全面画面領域の作成にも取り組んでいるはずである。近い将来、このプロトタイプに近い物がお目見えする可能性は高い。しかし、紹介した物は、検討されている段階のモックであり、発売されるその物でもないはずだ。

来年発売のiPhone13か?画面上部にカメラ専有部がないiPhoneが公開される

YouTubeで公開されている動画を確認すると、カメラ部分の専有(ノッチ) が取り払われ、USB-Cの接続部が確認できる。ただ、よく見ると画面上部には、何かを意味するマークが打たれている。ノッチがあるはずの部分、画面中央の最上部である。

既に、今年後半に発売が予定されているiPhone12に関する情報がリークされているが、そのiPhoneではUSB-Cの採用を見送りとなっている。つまり、今年発売のiPhoneが最後のLightningケーブル接続端末であり、来年以降はUSB-Cまたはポートレスに移行するであろうという情報の正確性が上がった形となる。

来年発売のiPhone13か?画面上部にカメラ専有部がないiPhoneが公開される

裏面を見て見ると、カメラ部分には複数の穴が開けられている。様々なレンズ構成などを試す目的で開けられているはずだが、iPad ProのLiDARスキャナーと同様の3Dカメラが、iPhoneにも搭載できるように提案と工夫を繰り返しているのかと思うとなんだか楽しみな穴である。

Photo: Mac Otakara Youtube

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x