【検証】ワイヤレス充電対応のiPhoneケース「MagSafe充電は可能なのか」


Appleが2020年モデルとしてリリースしたiPhone 12シリーズ。このiPhoneに対応のケースを検証してみた。

検証の対象としたケースは、ワイヤレス充電に対応を謳うもので、仕様にはMagSafe充電の記載が見受けられないものである。持ち出したのは、背面に強化ガラスを採用のiFace Reflection iPhone 12/12 Pro ケース。

【検証】ワイヤレス充電対応のiPhoneケース「MagSafe充電は可能なのか」

iPhone 12シリーズに採用のMagSafe充電は、iPhoneの背面にMagSafe充電器が張り付く形で充電を開始する。

張り付く充電器の固定には磁力が用いられており、充電自体はワイヤレス充電方式が取り入れられている。ここで問題となる存在が、iPhoneを傷や衝撃から護るために装着するケースの存在である。

iPhoneのケースは、多くのメーカーから多種多様なものがリリースされている。ケースの技術的な仕様は3種類に分類され、MagSafe充電に対応したもの、ワイヤレス充電に対応したもの、ワイヤレス充電に対応していないものがある。

先に触れたとおり、MagSafeに対応したケースをリリースするには、ケース内に磁力を発生する物質を埋め込む必要があり、物質や配置に関しては、Appleが厳格な指定を設けている。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,950(2021/08/01 17:50:01時点 Amazon調べ-詳細)

MagSafe対応のケースと、ワイヤレス充電対応のケースの違いは、おそらくケース内に磁力を発生させる物質を含んでいるか否かの違い。

そこで検証する問題は、MagSafeに対応せず、ワイヤレス充電に対応したケースを装着した際、MagSafe充電器の利用は可能なのか。

結果を公開すると、今回検証を行ったiFaceの背面ガラスタイプは、MagSafe充電器の利用で充電が可能だった。

【検証】ワイヤレス充電対応のiPhoneケース「MagSafe充電は可能なのか」

問題点を挙げるとするならば、ケース自体に磁石が配置されていないがために、MagSafe充電器が張り付こうとする力が弱く、吸着という面においてMagSafe本来の性能が発揮されなかった。ただし、まったく張り付かないわけではなく、iPhoneにMagSafe充電器がピタッと張り付くだけの力はあった。

その力の度合いは、iPhoneの画面を下に向けて、MagSafe充電器が上に来る状態では、MagSafe充電器を持ち上げるとiPhoneから充電器が離れてしまうほどの弱い磁力である。逆に、MagSafe充電器が下に来る状態でiPhoneを持ち上げた場合は、MagSafe充電器が脱落することはなかった。

【検証】ワイヤレス充電対応のiPhoneケース「MagSafe充電は可能なのか」

MagSafe充電器がiPhoneに張り付く力は、MagSafe充電器のケーブルに引っ張るなどの力が加わると簡単に脱落、あるいはMagSafe充電器が向きを変えてしまうほど。

充電をしつつiPhoneを操作するような使用方法には向いていない可能性がある。

今回の検証は、iFaceの背面ガラスタイプを対象にしたものであり、ほかのケースを利用した場合、ケースの厚みなどが理由で異なる結果が生じる可能性があることに注意したい。また、ワイヤレス充電にも対応していないiPhoneケースは、張り付く力云々よりもワイヤレス充電自体が行えない。加えて用心したい。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x