MacBook Pro、充電器に挿しているのに充電が減る理由 / バッテリーを100%に維持する設定方法


MacBook Pro、充電器に挿しているのに充電が減る理由

MacBookやMacBook ProといったMacノートを充電器に挿しているのに充電されていないときがある。場合によっては、「充電されていません」と表示されていることを目にしたMacユーザーもいるのではないだろうか。

Appleは、Macが充電されていない理由について、サポートページに新しい説明を追加している。

Macノートブックが電源に接続されているときに「充電されていません」と表示される場合
Macの設定によっては、バッテリーの寿命を改善するために設計された機能「バッテリーヘルス管理」がバッテリーを調整するため、Macが一時的に充電を一時停止する場合があります。

バッテリーヘルス管理がオンになっている状態では、一時的にバッテリーの最大充電レベルが低下することがある。Macのバッテリーステータスメニューに「充電されていません」と表示されている理由は、この機能がオンになっているためで、決して壊れているわけではない。

macOS Catalina 10.15.5以降で動くMacノートには、バッテリーの劣化を遅らせて、Macを長く愛用できるようにバッテリー管理機能が追加されている。

バッテリーの健康管理は、科学的に適切なタイミングでバッテリーから放電を行い再充電を行うシステムを採用している。タイミングは、バッテリーの温度履歴や充電パターンを監視することで、最適なタイミングを割り出しているようで、実行されるタイミングは固定されていないようだ。

Macの「バッテリーの状態管理」をオフにする方法

この機能はもちろんオフにすることができる。充電器に挿して通電させているにも関わらず、バッテリーを使用して駆動していることに不安を覚えたり、昔の状態の方を好んだりする場合にはオフにしても構わない。

MacBook Pro、充電器に挿しているのに充電が減る理由 / バッテリーを100%に維持する設定方法

この設定をオフにするには、画面左上のリンゴマークをクリックし、「システム環境設定」から「省エネルギー」の設定を開く。

下部に表示されている「バッテリーの状態」ボタンをクリックして、出てきた小枠のメニューから「バッテリーの状況管理」を見つけてチェックを外す。

システム環境設定 > 省エネルギー > バッテリーの状態

バッテリーの状態管理がオフなのにMacが充電しない理由

充電ケーブルをコンセントに挿していることを確認してほしい。誰の仕業なのか、希に抜けているときがある。接続に問題がないのであれば、次に確認する部分はコネクタで、ケーブルの差し込み口に汚れが付着して接続不良を起こしている場合もあるため、ケーブルの抜き差しを行う。

上記を確認しても充電がされない場合には、アダプターの故障やケーブルの断線、バッテリーの寿命の可能性が考えられる。

また、Macは適切な充電アダプターとケーブルを使用していない場合や、十分な電力を供給できない電源に接続されている場合など、Macが充電に必要とする十分な電力を確保できない場合にも「充電されていません」と表示されることがある。アダプターは適切なものを使用しているのか、コンセントに問題はないのかなど、Macを使用する環境を確認したい。

Macの設定
このページをシェアする
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x