脱獄したiPhoneは音量ボタンで明るさも調整できる


脱獄したiOS13.5のiPhoneは音量ボタンで明るさも調整できるVolumeBrightnessが適応可

iPhoneの側面に設けられたボリュームボタン。上側を押すと音量が上がり、下側を押すとその逆になる。このボタンに画面の明るさ調整機能を割り当てられるとしたらどうだろう。

日中に画面のまぶしさを感じることはほとんどないが、突然暗い場所へ移動した際や、夕方などの明暗がハッキリとしない時間帯に、画面の自動調整が適切に行われなかった経験はないだろうか。

iPhoneの環境光を把握するシステムは確かに優秀である。それを補うコントロールパネルも使いやすい。しかし、物理キーを使用した素早さには到底敵わない。

そんなちょっとした不満を解消するために使用するシステムが、Gilshahar7氏の開発したVolumeBrightnessである。

VolumeBrightness

VolumeBrightnessは、音量と明るさの調整を切り替えて使用するシステムとなるため、このシステムを組み込んだからといって、音量の調整ができなくなるわけではない。

具体的な操作をいうと、音量調整と明るさ調整の切り替えは、ボリュームの大小ボタンを同時に押す仕組みで、通常はiPhone標準の音量調整が動作するようになっている。明るさを調整したい場合には、大小ボタンを同時に押し、そのあとに大小いずれかのボタンを押して明るさを調整する仕組みとなる。

明るさの調整を終えて指定の時間が経過すると自動で音量調整のボタンに戻る設定もでき、その時間も好みに合わせて調節することができる。

見出しにもあるとおり、VolumeBrightnessを使用するにはジェイルブレイク(脱獄) をする必要がある。明るさの調整を頻繁に使用する方には好都合なものであるが、少々敷居の高い設定かもしれない。

もしご関心があるならば、ジェイルブレイクの方法を日本で載せているので、そちらもご覧いただければと思う。

Mac版 iOS 13.5でiPhoneの脱獄が可能に「またCydiaが使える」ようだ / Macを使ったiPhoneの脱獄方法
先日リリースされたiOSの最新版 iOS13.5。そのおかげで、またCydiaが使用可能になったようだ。がんじがらめにされたiPhoneのシステムを柔軟な物に切り替える脱獄(ジェイルブレイク) 。言うなれば、iPhoneをAndroid...
Windows10を使ったiPhoneの脱獄方法 / iOS 13.5でiPhoneの脱獄が可能に「またCydiaが使える」ようだ
先日リリースされたiOSの最新版 iOS13.5。そのおかげで、またCydiaが使用可能になり、前回はMacでiPhoneなどのiOSを脱獄する方法を紹介した。今回は、それに引き続き、Windowsを利用した脱獄の方法の紹介である。がん...
iPhone・iPadの設定
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
Twitterでは、iPhoneなどの質問も受付中です。フォロワーさんも募集です!
タカブログ公式: @TakaBlog24, 書いてる人: @fanzrg
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。