エクセルやワードのOffice365、M1チップ搭載Macに対応 / M1に対応するOffice365へ切り替えるには


マイクロソフトは、Appleの新しいMacに対応したOffice365をリリースした。

新たに対応を決めたMacは、2020年モデルとして登場したM1チップ搭載のMacである。

エクセルやワードのOffice365、M1チップ搭載Macに対応 / M1に対応するOffice365へ切り替えるには

Intel製のCPUからAppleシリコンへと置き換えられた新生Macは、我々の度肝を抜くほどの高速な処理性能を持って登場した。

しかし、この性能をフルに発揮させるには、Intel製のCPUをターゲットとしてリリースされているソフトウェアではなく、Appleシリコン用としてチューニングされたソフトウェアを使用する必要がある。

▼Amazon、3000円キャッシュバック実施中 (12/24まで)

もちろん、M1チップのMacは、Intel製をベースに持つソフトウェアでも一定の高速処理性能は発揮するが、専用設計に勝るものはない。

▼さり気なくBig Surのデザインに対応。画像はPowerPoint。

エクセルやワードのOffice365、M1チップ搭載Macに対応 / M1に対応するOffice365へ切り替えるには

今回、マイクロソフトがM1チップに対応したOffice365として発表したものは、ユニバーサルソフトウェアである。

つまり、Intel製のCPUとAppleシリコンの両方で使用可能な共用ソフトウェアは、既にインストールされているOffice365をアンインストールすることなく、アップデートを行うことで使用が可能となる。

Office365に含まれているアプリケーションは、Outlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote。

アップデートの自動を選択している場合には、App Storeのアップデートに、新しいOffice365(アプリケーション) のアップデートが表示されているはずである。もし、表示が見当たらない場合には、App Storeを開き、メニューの項目から「アップデート」を開くとアップデート可能なソフトウェア一覧にOffice365が軒を連ねるはずである。

エクセルやワードのOffice365、M1チップ搭載Macに対応 / M1に対応するOffice365へ切り替えるには

なお、今回のアップデートで、iCloudとの連携が可能となっている。スケジュールや連絡先の管理を1つのアプリにまとめることができるため、これまでのようにアプリの行き来をする手間がなくなった。

マイクロソフトの発表ページ

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x