iOS 14ではiPhoneの「メールとSafariを別のアプリに代えられる」カスタマイズ機能を搭載


iOS 14ではiPhoneの「メールとSafariを別のアプリに代えられる」カスタマイズ機能を搭載

多くのユーザーが待ち望んでいたメーラーの変更が、ついにiOS 14で可能になることがわかった。

日本時間の2020年6月23日午前2時から開催されたWWDC20で発表されたiOS 14は、多くの新機能を搭載し、システム全体をひとつ先の未来へと誘う装備を満載して登場した。

革新的なほどではないものの、手の届く新しい未来を見せつたAppleは、WWDCのイベントで多くの機能を紹介し、この機能の紹介を言い忘れていた気がする。それは、「Set default email and browser apps.」の存在である。

私の記憶が正しいならば、AppleはiOSの新機能のひとつとして取り入れられているデフォルトのメーラーとブラウザを変更できることを言い忘れている。

本日AppleのiOS 14プレビューサイトを確認したところ、メールアプリに関する小さな記載を発見した。その内容は、デフォルトに設定されているAppleの標準メールアプリやSafariのブラウザをサーとパーティー製のアプリに置き換えることができる旨の記載である。

AppleはiPhoneのiOS 14を発表!「ウィジェットが置ける」「iPhoneが車のカギになる」「自動翻訳機能」「自転車ルート最適MAP」
Appleは日本時間の2020年6月23日午前2時よりWWDC20を開催し、基調講演にて「iOS」「iPadOS」「WatchOS」「tvOS」「macOS」についてストリーミング配信を行った。皆が一番気にしている部分としては、おそらく...

従来までは、標準で設定されているSafariをChromeなどに置き換えたり、MailアプリをSparkなどのサードパーティー製アプリに置き換えたりすることはできなかった。もちろん今までもサードパーティー製アプリは使用はできていたが、標準として機能しているものではなかった。

そのため、例えば普段Safariを使用せずにChromeを使用しているユーザーが、メールに記載されているサイトURLをタップして開こうとすると、ChromeではなくSafariが立ち上がろうとしていた。それが今回発表されたiOS 14からは、既定アプリとして別のアプリを設定できるようになるため、どのような動作をしても自分好みのアプリケーションが使用できるようになる。

発表されたiOS 14は、現在開発段階のベータ版となる。一般向けの公開は、今年2020年の秋に予定されている。

iOS14
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
Twitterでは、iPhoneなどの質問も受付中です。フォロワーさんも募集です!
タカブログ公式: @TakaBlog24, 書いてる人: @fanzrg
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。