世界初!日本人が「カバンに入る車」を作って全世界で話題【2015年10月発売】これはもう杖(つえ)に取って代わる時代も近いかもしれない


鞄に入れて携帯できる世界最小の電気自動車を見た瞬間に目が輝いてしもた。

行きたい方向に体を向けるだけで自由自在に移動ができて、サイズはノートパソコンと同等。

持ち運んで気軽に使える便利な電気自動車は本当のエコにつながる一品の予感。もうエコカーがエゴカーと言われる時代は終わりを告げようとしてるね。

気になるWalkCarのスペック

サイズ:A4
速度:時速 10km/h (最大値?)
走行可能距離:12km (フル充電時)
最大荷重:120kg

最大加重は静止荷重じゃないよな…。

実はこれを見たときから期待してることがあるんですよ。

病院や福祉、足の不自由な方の手助けになりそう

足に持病を抱えた方や高齢者の杖の代わりとなる存在が、近い将来訪れるのではないのか。

無論、杖というからには持つ部分が必要になる。「持ち運べる車」と言い切ってるからには、簡単に脱着できる持ち手も必要。それさえどうにかできれば いろんな意味で未来は明るい。
ドラえもんの映画に出てきた道路に足が着地してる部分だけが思うだけで勝手に動く世界も近いかも。

この動画を見る限りでは、坂道でも余裕のトルク、横を歩く歩行者に歩幅を合わせることもOK。
若者をターゲットにした商品のようだけど、オプションを用意することで全年齢層をカバーできそう。

問題はマーケティング戦略だけど大丈夫なのかな

福祉のレンタル商品に選ばれないと高齢者への普及は相当難しい。

近日発売予定

この商品が実際に販売されることはないと思っていたら、2015年10月から予約販売が開始されるそう。

持ち運べる電気自動車 WalkCar(ウォーカー)。 未来がある。是非成功してもらいたい商品だ。

WALKCAR | COCOA MOTORS.inc.
テクノロジー
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
LINE@ではiPhoneの質問も受付中です。
[タカブロ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。