Apple Watchに「コロナウイルスの感染予測が加わる可能性」 / 研究からPCR検査よりも先に結果を予測


Apple Watchに「コロナウイルスの感染予測が加わる可能性」 / 研究からPCR検査よりも先に結果を予測

ニューヨークの病院ネットワークであるMount Sinai。その研究者による新しい研究では、Apple Watchがコロナウイルスへの感染を早期に予測できる可能性が分かった。

TechCrunchによると、Apple Watchを使用した予測は、鼻腔スワイプによるPCR検査よりも1週間早く診断を予測できると伝えている。

予測が早まれば、感染の疑いがある人を早急に隔離するなど、感染の拡大に歯止めを掛けられる可能性が高くなる。

この研究は、多くの医療従事者に参加を呼びかけて進められたもので、すべての参会者は潜在的なコロナウイルスの症状やストレスを含む要因について、毎日調査票へ記入する必要があったという。

そして、研究者が着目していた部分は、人の神経系への負担を知る指標の心拍変動(HRV) 。

研究では、Apple Watchから得た心拍変動などの情報と、記入された症状、発熱、痛み、乾いた咳、胃腸の問題、味覚や嗅覚の喪失など、コロナウイルスに感染の疑いがある項目が組み合わせられた。

データの収集は、4月から9月までの5ヶ月間に渡り行われたが、初期の研究成果を受けて、将来的には研究が拡大する予定のようだ。拡大する研究では、睡眠や身体活動などが病気に与える影響や、Apple Watch以外のウェアラブルデバイスが新型コロナウイルスの影響を拾い出せるかについて調査が行われる。

また、この研究とは別に、Appleは、シアトルインフルエンザ研究所とワシントン大学協力の下、血中酸素や心拍数の変化が、インフルエンザや新型コロナウイルスの初期症状のサインになり得る可能性について研究を行っている。Appleの研究は、2020年9月頃の情報であり、今回報告されたMount Sinaiの研究とは異なる。

Mount Sinaiの研究には、専用のApple WatchアプリとiPhoneアプリを使用している。現時点では、Apple Watchを購入したからといってコロナウイルスの予測ができるといった機能はないので、その点に注意したい。

Apple Watch 7、血糖値測定センサーを搭載か / ティム・クック氏、長年の願い叶うかも
Appleは、次期Apple Watchに血糖モニタリング機構を備える可能性がある。韓国のETNewsは、GALAXYウォッチの最新機能に触れつつ、Apple Watchにも血糖値の測定機能が加わると報じた。
iPhone内蔵の「接触通知の設定」は単体で動く? COCOA無しで動くのか試した
Appleが2020年9月2日付でリリースしたiOS 13.7には、iOS内に接触通知の設定が追加された。私の解釈が正しければ、日本で使用する場合には「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) 」をインストールしていなければ、...
プラズマクラスター、コロナウイルスを90%減らす効果 / 知るべき事とオススメ商品
シャープは、長崎大学と共同で実験を行い、プラズマクラスターが新型コロナウイルスに有効であることを確認した。実験では、新型コロナウイルスが入れられた容器に、約30秒間プラズマクラスターを照射したところ、約90%のコロナウイルスが感染力...

Via: MacRumors

このページをシェアする
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x