ウエスタンデジタル、ドローンにも最適「1TBのマイクロSD」と「18TBのHDD」を発表


ウエスタンデジタル、ドローンにも最適「1TBのマイクロSD」と「18TBのHDD」を発表

ウエスタンデジタルは、18TBの3.5インチHDDと、1TBのmicroSDカードを発表した。

新しい容量が追加されたシリーズは、ウエスタンデジタルの中でも過酷な状況下でも安定性を必要とするパープルシリーズとなる。

パープルがメインのターゲットとしているデバイスは、主に監視システムの記録で、AI対応のビデオ録画システムの進化に貢献するものである。24時間年中無休の妥協ないストレージとして稼働し続けるシステムは、メインシステムの極端な要求にも対応するように設計されているのが特徴である。

監視カメラ向けと聞くと、一般人には縁もゆかりもない話かと思われがちだが、HDDは通常の使用にも問題がなく、SSDに至ってはドローンでの記録などにも最適なものとなる。

パープルのHDDラインナップには、7200回転のものと5400回転のものが用意されており、1TB、2TB、3TB、4TBが5400回転。8TB、10TB、12TB、14TBの4つが7200回転として設計されている。

今回新たに加わった18TBのHDDモデルは7200回転のもので、7200回転で駆動する大容量モデルは合計で5つの種類から選択が可能になった。

同じくパープルのSSDシリーズは、動作温度がマイナス25度から85度までの温度で動作するもので、家庭用の監視カメラシステムのほかにもドローン撮影などに向いているものとなる。

SSDのパープルには3つのタイプ、SCQD102、SCQD312エクストリームエデュランス、SCQD101が設けられており、容量以外の仕様も若干異なるが、全体的にパフォーマンスの高いものがラインナップに加えられている。

スピードクラスは、パープルのSCQD102に属する一部の容量(128GBと256GB) 以外すべてclass10(U1) の性能を誇り、耐久性も今回追加された1TBが属するSCQ101は最大で256TBWの高耐久のものとなる。

発売時期は、WD Purple 18TB HDDが2020年10月、WD Purple SC QD101 1TB microSDカードは2020年11月が予定されている。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x